2020年07月15日

頭の体操

   歳のせいかSANY1292.JPG
 カラクリ式の箱、以前にも紹介した箱根細工の小物入れ、我が家に来てから何年になるのか、古いものは50年を超えていると思う。
 その後も幾つか買い込んだが、最近では孫が欲しいと言うので買い込んだものが一番新しいもの、しかしこれは非常に難してものである。
 このカラクリ付きの箱は34回ととんでもない回数を重ねないと開かない代物、勿論解答用紙も付いているが、それを見ても分からない位に難しい。
 何回挑戦しても中々開けれなくて、しまいには飽きてしまい途中半端な状態で箱がそのままになっている。
 34回ともなると前行った所を忘れて何度も同じ事をして開かず、そのうちに今までの回数も忘れて結果は途中で終わる事になる。

 その後は孫が回答用紙を見て元の位置まで戻す事にSANY1316.JPG、やはり歳を取って来ると中々開ける事が難しくなり、何度やっても開かないのだが頭の体操だと思って挑戦する。
 しかし34回物はやはり無理、優しい12回ものなら簡単に開くが、24回ものだと苦戦を強いられる。
 確かに頭の体操だと思って挑戦はすれど、何度やっても開かないとイライラが募り、頭の体操どころではなくなる。
 おかしなもので出来ないと分かっているとやる気が出ず、挑戦する事もなくなるが、開けられると思えば挑戦したくなるのだ、今回は24回ものに挑戦したが、結果は途中で棄権、何度やっても同じところで脱落、情けない事になった。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187229779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック