2020年07月11日

しっぱい

   緑のカーテン
 毎年行っている日除けDSCN2321.JPG緑のカーテン、プランターに日差しを遮る植物を植え、夏の暑さを和らげてきた緑のカーテン、これに勝るものはないと思う。
 その対策とした色々なものを試してきたが、やっぱり自然のものに限ることが分かり、それ以来緑のカーテンを作り出してきた。
 もちろん此処に辿り着くまでには失敗の繰り返しをして、やっとたどり着いたとも言えるが、色々試したことは確かである。
 最初は葦簀を取り付けたが、これが厄介で高さがあるために風に弱くて、風対策に神経をとがらせ、その為に取り付けたものを外し、また取り付けるという作業の連続であった。
 風もさることながら雨もまた障害の一つ、今の中国製の葦簀は非常に耐久性がなく、結んだ縄が切れてしまいバラバラになってしまう。
 夏の4か月を持たない弱さ、以前は麻縄で繋がれていたものが、ナイロン製になり耐久性がなく、見事に切れてしまうのである。
DSCN2320.JPG

 そんな事であれこれ試した結果、緑のカーテンに辿り着きそれ以来植え続けてきたが、これもまた手間のかかることに、植物がゆえ水を切らかすことはできず、水やりも日課である。
 しかしこの緑のカーテン、植える時期を間違えると秋まで持たなく、10月前に枯れてしまい、失敗してしまう事になリ、今迄にも失敗がある。
 そんな失敗が今年も起きそうな気配、今は元気に上に伸びているが、一番下のあたりが葉っぱが無くなりつつある事に気が付き心配。
 何時もなら青々と茂っているはずの葉っぱ、向こうが透けて見える位に葉っぱが少なく、これでは10月まで葉っぱが茂っていなてようだ。
 植える時期を少し間違えたよう、今からこんな状態ではとても10月まで持たなく、下の方は枯れてしまいそうなけはい、心配でたまらない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187683448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック