2010年06月23日

古時計奮闘記

 古時計を蒐集していると良く部品が一部足らない時計が出てきますが、古時計を集めた初めのうちは、そんな時計には目もくれなくてよりオリジナルの時計を買い求めていました。

徐々に時計の数が集まりだすと当然の事、まず資金が不足して欲しいオリジナルな時計は高くて買えなくなってきます。

しかし古時計は「欲しいし」、「金は無いし」と当たり前なのだが自分としてはその欲求に耐えられなく、金は無くとも古時計を捜し求めて道具屋巡りをする事になる。

そんな金の無いときに限って目指す古時計に出くわすもので、値段もそこそこ、普段なら直ぐに買い求めるのだが給料日前で先立つ資金がない。

後ろ髪ひかれる思でその場を後にするしか方法が無く、断腸の思いで自宅に帰っえり寝床についても、あの時計のことが頭の中に浮かんでくる。

如何することも出来なく指折り数え待ちに待った給料日、その道具に直行し店に入って見渡すがお目当ての時計が無い。

まさかと思いつつ店の主人に少し高めの声で、ここに在った時計は何処に行ったのかと尋ねる。

主人いわく「あんたが来た直ぐ後にお客が来て安いからと持っていった」とさらりと言われた。

一瞬頭の中が真っ白になり暫し無言でその場に座り込んだのを覚えている。

昔から諺に「逃がした魚は大きい」とあるけど、正にそのとうりだが今は洒落にも成らない。

私の苦い経験であるが、こんな経験を皆さんも少なからずお持ちではないだろうか。

それから数年後、同じ道具屋から「少し部品が足らないがあの時と同じ時計が出た」との知らせ、値段も安く完品ではないが目指す時計に変わりなく飛んで行き買い求めた。

この時計を手に入れなければ、この先何年待つのかとの思いが走り
これを逃しては成らないと決断。

完品で有ればそれに越したことは無いが、その分値段も高い理想と現実との板ばさみかもしれない。

古時計は欲しい物が出たら程度の「良い」、「悪い」に関わらず先ずは手に入れることが先決であると私の鉄則がこのときから生まれた。

逃がした魚は大きかったと後から悔やむより、まずは手に入れよで有る。







posted by kodokei at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39120109

この記事へのトラックバック