2019年10月20日

蕎麦巡り

すぎむら.jpg    好き好き

 以前、長野県から岐阜県に県換えした「山口村」、あの島崎藤村の故郷「馬籠宿」、岐阜県に移ることに反対し長年揉めていたが、住民投票に長野県知事が許可し、晴れて岐阜県に編入された経緯のある村。
 其の山口村も、今は中津川市になり藤村の故郷も岐阜県に、事情を知らない人は未だに馬籠宿は長野県であると思っているようで、標識を見て聊か戸惑いをする人も多いと聞く。
 昔覚えた県名や地名は何時まででも記憶に残っているから、突如しとて変えられてもスッキリと頭に入らず、やはり戸惑うしかないのかも、特に年配者はそうである。
 其の中津川市に蕎麦「すぎむら」があり、メンバーの大半が支持する「更科蕎麦」の美味しい店、この「すぎむら」夫婦で店をやっていて、こじんまりとした蕎麦屋である。
 蕎麦は更科系列、店の主人も拘り屋らしく、客が来て注文してからしか動かず、少々待たされるが味は良く蕎麦の香りが高く、腰もあって我々好みの蕎麦である。
 田舎蕎麦もあるから、妻後宿を通過された者たちにも差別はないのであるが、彼らは妻籠宿の「えのき坂」で食べたいのだから、まあ好みの問題でもある。
 彼らは、田舎蕎麦を食べながらでも、「えのき坂」蕎麦が食べたかったとブツブツ、そんな彼らも「すぎむら」の蕎麦がきは絶賛、量が多いで2人で1つの割で注文、分けて食べている。
 此処の蕎麦がき、兎に角蕎麦粉を良く練る事から粘りとコクがあり、何よりも蕎麦の風味が良く、山葵を付けて食べるのも美味し、病み付きになる蕎麦がきである。
SANY0526.JPG
 しかし、このメンバーは良く食べる、今日はこれで食べ納めであるが、どれだけ食べれば満足なのか計り知れない連中、すぎむらで蕎麦と蕎麦がきを食べて店を後にする。
 普通の人であれば、2軒蕎麦屋を「はしご」すれば、お腹が一杯でそれ以上他の物を食べないのであると思うのだが、この連中はそんな事はお構いなく、次に恵那市の五平餅を食べに「あまからや」に行くと言い出し、まだ「すぎむら」を出たばかりなのに。
 運転手も恵那の五平餅が好きだから、人に誘われなくても自分で行き先は決めて「あまんら」やに向け車は進む、「あまからや」は恵那の駅前の路地を入ったところ、地元でも評判の店。
 此処の五平餅、団子状の五平餅で胡桃の甘辛いたれが掛けてあり、其のたれが焼き焦げて良い匂いを発し、満腹なお腹でもツイツイ手が出てしまう代物。
 客は、おみあげ用に大量に買い込むのが常、10本、20本と買い込んで帰るので待ち時間もあり、並んで買い込む姿が見られ、日常茶飯事な店でもある。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42299160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック