2018年08月20日

綺麗なステンドガラス

      当たり外れは時の運。

 ステンドガラスは、単体で見ていても、それが自分の家に合うかどうかは分からないもので、単体だけでは気に入っても家に嵌めてみたら、全然合わなくて結局は諦めて外してしまったと言う人も居る。
SANY7584.JPG ステンドガラスだけ見ていると、綺麗で少しぐらい色がきつい方が良いと思え、色ガラスの多い物を買いたくなるのが人情、やっぱり綺麗な物を買ってしまいがちである。
 私の友人もその1人で、どうせステンドガラスを入れるのであれば、赤色の多い物をと選んで買ったが、家に嵌めてみると派手すぎて全く部屋に合わない、それどころか家の者には、「全然落ち着かない」と嫌われてしまった様だ。
 本人も、単体で見ていた時には御満悦であったが、家族から反発されてしまうと、ガッカリしてしまい部屋からステンドガスラを外して、業者に引き取ってもらい、結局は大損してしまった。
 ある程度の値段は覚悟して買い求めたから、その反動で安く買い叩かれ、ショックもより大きくなって、「綺麗なステンドガラスはもうコリゴリだ」と、其れ以来ステンドガラスの話もしなくなった。

 右の写真のステンドガラスは我が家の居間に嵌っているステンドガラス、友人はこのステンドを見て、もっSANY7577.JPGと色が有った方がステンドガラスらしいと、派手な奴を買い込んで失敗してしまった。
 勿論好き好きである事は言うまでもないが、一見ステンドガラスは綺麗なものが人気、単体で見ていると私も好きで、それが綺麗なステンドガラスであると、やはりそんな風に思う人が多い。
 彼もその一人であった事は確か、私にももっと色が多い方が良いと、自分が求めるものは色が多くて綺麗なものが良いと言っていた。
 そのステンドガラス我が家のもの、シンプルでイギリス製のもの、幾何学模様の色合いも落ち着きがあり、何時見てもアキが来ないのが良い。
 シンプルが1番、ステンドガラスと言っても、やっぱり毎日見るものであるから、落ち着いたものがベストである。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44114011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック