2020年07月09日

音が命

    他より少し違う
 私もコーヒが好きで1日に5、6杯は飲まないと何だか落着かないが、飲まなSANY2938.JPGければ飲まないで過ごせると思っていても、やっぱり飲まずには居られない。
 コヒーの好きな人も多いと思うから、此の気持ち分かってもらえるであろか、一時期はコヒーの飲みすぎは、体に良くないといわれた時期もあったが、何時の間にか消えてしまったようだ。
 最近はポルフェノールがコヒーに良く含まれているから、今度は体に良いと以前とは全く逆な事が言われ、ドチラが正しいのか判断に迷ってしまう。
 そんな論議はどうでも良いが、コヒーはゆったりとした気持ちで飲みたいもので、1番良いのはアンティークな雰囲気の喫茶店が良く、そこで美味しいコヒーを飲むのがベストである。
 前にも話したが愛知県春日井市のJR春日井駅の前にある「喫茶ひまわり」、ここはわたしが30数年通っている店、玄関を入ると正面上部に巨大なスピーカーが目に入ってくる。
 此処のマスター拘りのオオディオ、1.2メートル四方のデッカイスピーカー、普段は小さな音でBGMを流しているので、常連客でも此のスピーカーから流れてくるとは思っていない。SANY2943.JPG

 有線放送であるとしか思わず、駅前であり「おば様から若者」まで店に入ってくるが、「10人中、1人り」がきずく位に、このオ−ディオを知ず、しかしマニアにとっては高嶺の花である代物だと言う。
 アメリカ製「JBL」のスピーカー、このメーカーのものはドライバーがかるく高効率であり、ホーンドライバーの初動特性と音場表現能力が優れているとのことで、プロのスタジオや映画館で使用されている物らしい。
 客が居ない時、マスターに頼べば快く大音響でジャズを演奏してくれ、マスター自慢のスピーカから心地良い音が流れ、流石JBLのスピーカー窓枠を響かせて聞こえてくる、そんな状況の中コヒーを飲むのが至福の時、他の店では絶対に味わえない音楽と雰囲気を満喫できるが、余りの音の大きさであり常時聞くことは出来ないのが残念である。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48324031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック