2019年04月05日

日光写真

    お日さましだい

 SANY9302.JPG子供の頃、何に対しても夢中で取り組んだものだが、年を重ねると現実感に打ち消されて夢は段々と小さくなって、その夢も消えてしまうような気持ちになる。
 子供の頃はどんな小さな事でも夢があったような気がするが、現実が近ずいて来ると大人は夢を持たなくなるが、子供はそれが無かったから、何時まででも夢を見えた。
 そんな時代に夢中になったのが日光写真、本物のカメラは手に入るはずも無く、まして高価な物であったので高嶺の花、そしてその頃はやったのが日光写真。
 薄いダンボールにカメラの形をした箱、そしてフィルムはセロハンに黒く印刷した用紙、これを印画紙と共に箱にはさみガラスの付いたふたを被せ、日光に暫く当てる。
 すると黒くなったセロハンの部分が印画紙に移り、あたかも写真が取れたように成る仕組み、機械は一切なく箱だけであとは印画紙、この印画紙も当時は多くの種類があり流行は存在していた。

 その頃の一番人気はやっぱり「鉄腕アトム」、そして「鉄人28号」この二つSANY0439.JPGが子供の憧れも的、日光写真もアトムや鉄人のフィルムを求めて探し回ったのを覚えている。
 同じ種類のものは面白くなく、違った種類を求めて駄菓子をはしごしたものであるが、中々違った種類が無く苦労したものだ、見つけたときの喜びは言葉では言い表せない位の喜びであった。
 写真は、その日光写真機、憧れのアトムが印刷されているが、このアトムも海賊版であり、本物と違って何処と無くほっそりとしたアトム、本物であろうが、偽者であろうが当時はどうでも良く、写真が取れればそれで満足であった。
 ボロボロになるまで使ったもので、今では日光写真の新しいものは中々手に入らないが、この写真機、前回の日光写真機と同じ所から出て来たもの未使用の新品である。
 こんな物でも今手にすると、子供の頃の懐かしい思い出が蘇ってくるので安い遊び道具くらい懐かしいものは無いもの、今の子供たちはなんでも手に入るから逆に可愛そうでもある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48397235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック