2018年06月01日

貯金箱

      歴史を伝える

SANY6659.JPG 時代の出来事を伝えるものには色々な種類が存在し、それらの一つ一つが歴史の証人であり、その物が歴史を伝える役目を果たし、後世に留める役目をする。
 種類は様々であるが、通り過ぎてきた歴史を見つめてきた生き証人、彼らは当時を事を生き生きと我々に語りかけ、出来た出来事を雄弁に語る。
 其れから知りうる出来事を我々後世の者は忠実に理解しなければイケないが、其れが果たして出来ているのであろうか、我々個人がどの様に受け止めるかは不明である。
 写真の貯金箱もその色々とある種類の中の一部、ブリキで出来た何処にでも存在しうる物、さして珍しい物ではないが彼らは雄弁に歴史を語っている。

 一般庶民の貯金箱、この小さな貯金箱、されど彼らは激動の時代を見つめてきたもの、幾多SANY6654.JPGの困難の中生き延びて現在に自分の存在を誇示すると共に、当時を語りかけている。
 写真のブリキ製の貯金箱、ドーム型の小さな物であるが、生々しく当時の様子を我々に語っており、前面にお国の国策を国民に義務づけたことの証が刻まれている。
 前面に「国民一致、挙げて貯金」と冨国強兵を示唆した内容の大正時代の物、兎に角軍国主義、如何にも軍事的な表現の戦争の貯金箱。
 この貯金箱は日本の歩んできた歴史を後世に伝える為、その姿を我々に見せ付けているのではないだろうか、貯金箱の小さな物であるが、彼らの強い表現が我々に告げているものは。
 こんな時代にならないように教訓として残っているのではないだろうか。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51659546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック