2019年01月11日

鏡開き

      ぜんざいが1番

 SANY1855.JPG松の内が過ぎ、正月の飾り物を外して普段の生活に戻る時期、現代はセセコマシイ時代、正月も早く切り上げてしまうが、昔は1月20日が鏡開きの日であった。
 鏡開きとは正月に神仏にお供えした鏡餅を下げて、お下がりを家族で食べる風習を言う。
  色々な食べ方があるが一番はぜんざいにして食べるのが一般的なものなのか。
 この鏡開き、なぜ鏡開きなのかと言うと、室町時代に武具に鏡餅を備えて正月を迎えた。
 そして1月20日にお供えした餅を食べたが、武士にとっては「切る」とか「割る」とかは縁起が悪く、開くという言葉を用いた事に由来する。
 これが次第に一般庶民にも伝わり、正月20日に鏡餅を下げて食べる風習が広まった。
 当時は餅も特別な食べ物、現在みたいに何時でも食べられる物ではなく、正月かお祝い事意外には食べられなかったもの、ましてや年神様にお供えした鏡餅、ありがたく家族そろって鏡餅を食べ一年の無病息災を願ったものである。SANY1869.JPG
 
 つい最近までは各家庭で鏡餅も作っていたが、それも何時の間にかなくなってしまい、スーパーなどで買い求める時代になった。
 その上、鏡餅をお供えする家庭が段々と少なくなっていると言う、日本の正月の仕来りも時代と共に薄れて行きようである。
 現在ではパック式になっており、鏡餅もかびることはないが昔の鏡餅は正月の20日となればカビが生えて、青くなっていたものをカビを取り除いて食べたもの。
 やっぱり神様にお供えした餅、カビが生えていたからと言って粗末にしなかった昔の人々、食べ物が貴重だった時代、物を大切にする気持ちを忘れないで欲しいものだ。
 
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53010094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック