2020年02月03日

節分祭

      福は内、鬼は外

 1年24節気の1つ立春の前日に行う豆まき、日本は古来からSANY2765.JPG農耕民族であり、農作業を始める基準となる日を定めて、立春から数えて農作業の目安としたことが起源。
 これも中国よりの渡来文化の1つ、一年を24節気に区切り、更に72候と細かく区切り農耕の目安とした暦、日本に渡来した後日本の風土にあった暦に変わったもの。
 そもそも、この節分は季節の節目、節目、節目には古来より邪気が入り込むと言われており、災いを齎す為に厄を払うための行事であり、本来は節目、節目に行っていた。
 奈良時代、宮中では延喜式と呼ばれ、大寒の前日の夜半に牛と童子をかたどった人形を大内裏の各門に立て、立春の先日の夜半に撤去していた行事を指す。

 土牛童子とも呼ばれ、邪気を追い払う為の儀式が行われていたのが起源、室町時代には一般庶民の間でも次第に行われるようになり、邪気を追い払う為に豆をまいて厄払いをした。
 江戸時代に入り、節分の日は家長が夜半「福は内、鬼は外」と掛け声を上げ、豆まきを行い厄払いをして立春を迎えていたのが、現在の豆まきの歴史である。
 形式は少しづつ変わってきたようであるが、立春の前夜に厄をはらう風習として現在に受け継がれてきたもので、各家庭の入り口にヒイラギの木にイワシの頭を刺し、入り口に刺して邪気が入らないようにするもの。
 所によってはこの様なヒイラギではなく、ほかの物であるようだが其々の言い伝えがあり、ものは違っているが厄除けには違いが無く、現在も行われている。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53416983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック