2017年04月01日

宝物3

      時計には付き物


 SANY1747.JPG古時計には付き物があり、1つは振り子、もう1つは鍵、この二つがなければ時計は動かないもの、古い時計はゼンマイ式でネジを巻き時計の動力となるが、之を巻くには鍵が必要。
 そして時計が連動運動するには振り子が必要、振り子がなければ正確に時間を出すことは出来ないもの、この2つが無ければ時計として成り立たないが、振り子も鍵も1つづつあればよい。

 しかし、古時計の中には鍵が無かったり、振り子が付いていなかったりと、状態は様々有、古い物なので無くなってしまったものも多く、無ければ時計は動かない。
 時計愛好家はその為に、予備の振り子や鍵を持っている人が多く、案外この振り子がかさばって邪魔になることも、必要ではあるが多くあれば邪魔になる。
SANY1751.JPG
 古時計は色々な状態のものが市場に出回っており、製造された当時のままの振り子が付いているもの、そうでないものとがあり、これも頭を悩ませる一つと言えよう。
 そんな事もあるから予備の振り子も沢山持っていないと、イザという時に困ることになり、必要に応じて振り子をストックしている。
 何時もの事であるが、必要な時に無いと困り果てるものだが、普段はやっぱり邪魔な存在、しかし、無ければ困るから段ボール箱に入れて保管していた。
 そんなおり、娘が学校の工作で箱を作るが、どんな物が良いのかと相談してきたのが、30年も前の夏休みの時、宿題でどんな箱でも良いから作ってくるようにとの事。

 そこで、簡単で頑丈な箱が良いと教えたが、その後学校へ持って行き秋に持って返ったときには、外側にざくろの彫刻が施された頑丈な箱をSANY1749.JPG持って帰ってきた。
 写真の箱が其の箱、私へのプレゼントであったようで、私に聞いてから学校で製作したようだ、其れ以来振り子や鍵を入れる箱として、30年経った現在でも私の手元で活躍している。
 娘も嫁いで行ったが、この箱は私の宝物であり、重い物を入れても壊れないようにと、頑丈に作ってくれたのに感謝して、いつも手元に置いてある箱でもある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55362122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック