2020年08月13日

インテリア

    ム ー ド 1 つ
 毎日生活している部屋、ツイツイ惰性で何もSANY8402.JPG衣替えしなくて、何時もと同じ雰囲気のまま、如何にかしようと思ってはいるが、思っているだけで時は過ぎる。
 そんな毎日、誰しも経験があると思うが、とり分けて何処を如何し様かと言うものでもなく、何とかならないものなのかと、只思っているだけの事。
 具体的な考えは大抵ないもの、何とかしたいと思う心があるあらわれ、雰囲気を変えるには部屋の模様かえをしなければならないと思ってしまうが、もっと簡単な方法がある。
 部屋の改造となればお金もかかる事になり、すぐには出来ないが、考え方を少し変えるだけで雰囲気がガラリと変えられる方法、それはインテリアを変えることである。
 其れも大層な良いものを買わなくても、安くても良いものがあり、自分の感性で選べばよいと思う、たとえば部屋の明かりを蛍光灯から、電球式の物に変える。

 これだけの事で雰囲気が変わるもの、何も白熱球にしなくても良く、エコの時代であるから電気代の高い白熱球、しかし今は白熱球らしい蛍光灯があり、電気代も高くならないし、雰囲気もある。
 今ある蛍光灯の照明器具を取り払い、その代わSANY2067.JPGりにアンティークなランプシェードに変えてみたら、アンティーク物は少し値が張るもの、それを少し高いと思えば、リプロのランプシェードがある。
 高いアンティークを買わなくても、今リプロは良い物がたくさん出ているから、自分好みの物を選べばよく、お金もさほど掛からずに雰囲気はガラリと変わるもの。
 たかがランプシェードと思いがちであるが、蛍光灯からランプシェードに変えただけでまったく雰囲気が変わるから、1度試してみたら如何だろう。
 こんな話をしていると、今時時代に逆行しているのではないか、今はLEDの時代であり、アンティークなど省エネにならないと。
 そんな意見が出る事は必定、確かにその通りかも知れないが、省エネの時代、電力消費を助長しているのではなく、一時の心の安らぎを求めるのもよいと思うが、それも大々的にするつもりもないから、自分の出来る範囲で一つでもアンティーク物に切り替えてみたらよいと思う。
 
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56108120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック