2018年06月10日

時の記念日

      紀元前の昔から
SANY2143.JPG
 今日6月10日は時の記念日、大正9年に生活改善同盟会が中心となって時間の大切さを教えるために制定したもの、しかし国民の祝日ではない。
 当時は国際的にも時間の正確さや大切さが重要視されていた時、日本もそうした時代の風潮を先取りした格好で、推し進められたようであり、その中心となったのが生活改善同盟会。
 何故6月10日になったのか、その歴史は古く日本書紀に遡り、「天智天皇」10年(671)4月25日に水時計を設置して時を告げたとの記録があり、今の暦に直すと6月10日となり、この日を時の記念日とした。
 しかし、実際には天智天皇が「中大兄皇子」であったときに既に水時計が設置されていたが、何日の記録が無く不明の為、天皇になってからの記録がハッキリした日付けで制定されたようだ。
 その記録には、斉明天皇6年(660)、「皇太子初造漏尅、使民知時」と記録されており、この時から水時計は使用させており、実用化されていた。
  ただ、このときの日付けがハッキリと分からない為、天皇になってからの「日本書紀」の記述を採用したので、6月10日となった。

 この水時計を管理していた役人を「漏刻博士」と云い、彼らは水時計の時間SANY0840.JPGを計り、宮中に時を知らせる役目をしていたが、彼らの仕事は厳しくて、時刻を正確に伝えるために、遅刻や居眠り、時間の間違う等しないように厳しく管理され、また罰則も厳しかったようである。
 当然の事であるが、宮中においての儀式や政務を司る役人の時間管理としての水時計であり、時間の正確を期するために水時計を置き、正確に時を計らせたもの。
 この時の時刻は定時法であり、今と同じ時間であった事はあまり知られていないようで、日本は昔から不定法を採用していたと思っている人が多いが、この時代は今と同じ定時法であった。
 しかし、世の中が騒がしくなり、戦乱の世となると、この水時計をやがては使われなくなり、長い間の眠りにつく事となり、戦国時代へと突入、世が乱れに乱れる事となる。
 戦国末期から江戸時代に入り、世の中が静かになると機械時計が西洋から伝えられ、登城時刻を知らせたり、12時を知らせる役割を果たすシステムが確立する。
 その後定時法から、日の出日の入りを基にした不定時法が発達、日本の社会は世界との時間の隔たりを生む事になり、長い間不定時法を採用、明治6年まで不定時法を使用してきた。
 明治5年12月3日を明治6年1月1日とし、新暦を採用(定時法)に切り替え、数百年続いた不定時法が廃止、長く続いた日の出、日の入りの太陰暦から、新暦の太陽暦に変わり、現在に至っている。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56319321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック