2018年08月08日

ちょうちん

      送 り 火

 SANY7399.JPG旧暦のお盆は8月13日からであるが、尾張は全国的に早くお盆を行う地域、明治に入り改暦が行われ、新盆と旧盆の2つに分かれて行うようになった。
 殆どの地域は旧盆で行われるようであるが、尾張地方は新暦のお盆を行う、お盆とは先祖の霊が1年ぶりに帰ってくるから、精霊棚を設けて迎える。
 この地方は終わってしまったが7月13日、家の玄関口で松明に火を入れて、明々とした焚き火をして先祖の霊を迎えるもの、その松明の火を目印に先祖の霊が帰ってくると言われる。
 最近ではメッキリとこの行事も減ったようで、あまり迎え火を焚いている処を見かけなくなってしまったが、この様な行事をやめてしまうのも時代なのか。
 それと家の表口には提灯を灯して、松明と同じ様に先祖を迎えるが、この提灯もまた消えつつあり、夏の風物詩ともなっていた、この行事も時代に流されそうである。

 我家では13日には松明を焚き先祖を迎えるが、昔みたいに明々とした松明を沢山焚く事も遠慮がち、消防所も近い事もあり、煙を出さないようにしているからだ。
 15日には先祖の霊が帰るために、これも松明を焚き提灯を掲げ、先祖の霊を送るのであるが、その際に灯す提灯SANY2390.JPGSANY2397.JPGは、盆提灯と言われるもの、しかし高級な提灯ではなく、質素な物であり、昔懐かしい提灯。
 写真のように色とりどりの派手な提灯、最近ではあまり見かけなくなってしまったが、この提灯でないと雰囲気が出ない、昔からこの提灯で先祖を送ってきた。
 来週8月13日からお盆がはじまり、帰省ラッシュがおき日本中が各地で賑やかに、先祖を迎え、また送る行事が始まる。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57085754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック