2019年12月22日

冬至

    夜が1番長い日

 SANY3462.JPG今日12月22日は二十四節気のうち冬至、1年を24に分割して、節目節目に其々の名前が付いているが、最後の節が冬至、昼夜の時間が、昼が1番短くて、夜が1番長い日が冬至。
 天文学的に云えば、太陽が一番低い高さにある時、つまり日がさす時間が1番短い事になる日、昔は1年で夜が1番長いことから、邪気が入り込むと信じられていた。
 そのために疫病が流行ると信じられ、其れを避けるための行事も各地で行われ、この日が災いを運んでくる日とされた様、今でも我々が行っている「ゆず湯」。
 あの「ゆず湯」、実は疫病から体を守る役目を果たす為に、風呂にゆずをいれて全身にゆずの成分を付けるためのもの、ゆずの香りは邪気を追い払う事が出来ると信じられていた。
 事実、ゆずの成分は血行を促進する働きがあり、全身ゆずの成分を浴びることにより、風邪をひかないと言われており、体を温める効果がある。

 そしてもう1つが「かぼちゃ」、冬至の日にはかぼちゃを食べる風習があり、全国各地でこの時期かぼちゃを食べて過ごす、これは冬場野菜の少ない時期に当たり、温に収穫したかぼちゃをこの日まで取っておき、野菜不足と栄養を補給した。
 かぼちゃは保存が利き、冬まで保管がきく野菜であり、栄養価もあることから冬場の食べ物として重宝されてが、栄養学的にも理に適った食べ方であるらしい。
 かぼちゃは昔から中風に利く野菜として知られており、脳卒中の予防の一番の野菜らしいが、科学的にも立証されている事から、昔の人は流石である。
 その他、この時期に小豆粥を食べる風習のところもあり、邪気を小豆の赤い色が追い払うとされており、小豆粥を食べるらしいが、小豆とかぼちゃの従兄弟煮を食べるところもある。
 又、うんの字がつく食べ物を取るところも、例えばうどん、きんかん、れんこん、みかんなどの字にうんがつく食べ物を食べる風習も、冬至ならではである。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60550224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック