2020年02月11日

雪輪

      名前の語源

 SANY3583.JPG雪輪とは、和服の留袖に付いている紋から来ていると言われるが、一説にはこの紋の形が雪の結晶に図案化したもの、その輪郭が雪の結晶と。
 確かに和服の紋はその家の家紋をつけるもの、色々な雪輪の家紋がデザイン化されており、様々な形があるが外形は殆ど同じもの。
 そもそも雪の結晶は六角形の形をして、紋所にあるような外形とは少し違ったようであるが、呼び方を雪輪と呼ばれて今日に至っている。
 もう一つは和時計に出てくる部品の名前に雪輪があり、和服のもんとは少し違ったもの、初期の和時計の部品は鉄製の物、和時計で云う雪輪とは。
 和時計の雪輪は時を打つための部品、時間が来ると時を知らせるために鐘を打つ、その鐘を幾つ打つのかを決める大事な部品が雪輪と呼ばれている。

 この部品も和服の紋と違って入るが、天然の雪の結晶とも違うものだSANY3585.JPGが、呼び名としては此方のものの方が雪の結晶に似ていると思う。
 何にせよ昔の人は上手くその物を喩えるものだと感心するが、何だか優しい心が現れている様にも思え、機械とはいえ血が通った生き物のようだ。
 写真の雪輪、和時計の後ろの部分に仕組まれているもの、落ちこみ金と言われる部品と結合して、時を打つ金の数を支持するもの、雪輪には刻みが付いている。
 その刻みの大きさにより、4つ、5つ、6っ、7つ、8つ、9つと時を打つ様になっており、この雪輪は半打ちが付いているもの、半打ちとは、今で云う一時間毎の事、昔の一刻は2時間であったから、その中ほどで打つように仕組まれている。
 この雪輪は1日に2回転して時を打つ仕組みに刻まれており、1日に1回転する雪輪もあり、時計師により様々な雪輪が製造されている。
 写真で赤く見える所があるが、それは漆の塗料が残っているもの、本来は錆びないように全体に漆が掛けられていたもの、和時計とは手の込んだ時計でもある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60873857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック