2020年07月21日

土用の丑

    夏ばて防止
 古来より夏のこの日を土用の日と呼んでいるもの、土用の丑の日は何も夏だけの事ではなく、1年に4回あり、春夏秋冬の4回。SANY6007.JPG
 何故か夏の土用の丑の日だけが現在まで続けられているもの、暑い夏の土用の丑の日、この日に鰻を食べる風習は何時ごろからか。
 一説には江戸時代に、鰻屋の主人がうなぎの売り上げが夏になると下がり、商売が難しくなったので、平賀源内に相談したらしい。
 源内は「今日丑の日、鰻の日」と紙に書いて張り紙をしろと命じたので、店主其の張り紙を店の前に張り出して商売をしたら、大繁盛となったらしい。
 其れを見たほかの鰻屋も真似て、同じ張り紙を店の前に張り出したら、客が殺到して商売繁盛したらしく、其の評判が江戸中に広まり、夏土用の丑日は鰻を食べる日となったらしい。

 この噂が全国に広まり、全国的に夏の土曜の日は鰻を食べる日となったとの事、其れが現在も続いているもので、この日に鰻を食べているのだ、しかし、この説は逸話とも言われているもの、日本人は昔から夏ばて防止に鰻を食べてきたらしく、万葉集にも詠われているらしい、大伴家持の詠にも、鰻を食したと歌われているもので、江戸時代に始まったとする説は間違いではないだろうか。
 家持の時代より、日本人は夏の体力回復のために鰻を食べ、体を大切にしてきたことは、色々な書物に記されており、其の歴史は古いのだ。
 そんな色々な説は兎も角、今日は土用の丑の日、鰻を食べてスタミナを付けて暑いこの夏を乗り切りたいものだが、昨今の鰻の稚魚不足で値段が高騰、庶民から遠くになりつつある鰻、幾ら土用の日と言っても、高価になった鰻を沢山食べれるものではなく、鰻も遠い存在となりつつあるのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71201486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック