2018年08月24日

懐かしのブリキ

      やっぱり懐かしい

 SANY7594.JPGブリキの玩具、我家にも多くのブリキの玩具があり、その一つ一つに思い出もあるが、場所を取るので中々展示してない。
 時計と違って壁に掛ける訳には行かないし、棚におていもやっぱり場所を取るから、結局は段ボール箱に仕舞い込んでしまう。
 古いものも多くは無いが少しくらいはあるので、そんなものは展示用として貸し出してあるものも、よい物ではないが懐かしい物だけ。
 喫茶店やギャラリーの片隅において置けば、其れ自体インテリアとして役に立つ、我家の段ボール箱でくすぶっているよりはまし。
SANY7602.JPG 友人が頼みもしないのに、「展示するところを探して来てやった」とお節介をやく、確かに人の役に立てばそれで良いのだが。
 しかし、変に自分の物を知らない人に預けるのも気が引け、知り合いの店ならまだ目が届く、そんな事で知り合いの店にも置いてある。

 久々に部屋の整理をしようと荷物を片付け出したら、小さな段ボール箱にブリキの玩具を発見、こんな所い置いてあるとは知らなかった。
 雑誌の下積みになっていた為に、この段ボール箱を開ける機会は無く、長い間眠っていたようで、こんな物があったのかと自分でも驚く。
 つまり買い込んだが置くところが無いもので、段ボール箱に入れて、部屋の片隅に積んで忘れてしまったもの、蓋を開けて並べて見る。
 SANY7605.JPG昭和30年代のもので、よくあった何処にでもあるもの、しかし久し振りに見ると新鮮に見えて、ツイツイ動かして見たくなるのだ。
 勿論ゼンマイ仕掛けの玩具、古いブリキの玩具とは一味違って、実用的なもので懐かしい物でもあるのだが、今は姿を消してしまった。
 このブリキの玩具を境にプラスチック全盛期に入ってしまい、最後のブリキの玩具でもある物、だからこそ親しみと懐かしさと共に残念さもこみ上げて来るのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80122179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック