2019年01月27日

最後の追い込み

    今年も後一週間

SANY9003.JPG 尾張瀬戸の雛巡り、2月2日から開催されるが、今最後の仕上げの真っ最中、毎年の事だが昨年の暮れから準備に入り、あと一週間。
 順調に仕上がったと言えば、言えなくもないが、ヤッパリ四苦八苦の連続、同じ展示はしたくないとの意思で苦労する。
 例年通りに展示をすれば簡単なこと、しかし其れでは観光客に申し訳ないので、昨年とは違った展示物を用意して準備に入る。
 暮れに最も1番展示の多い古民家久米邸を最初に、レイアウトを決めるのにあれこれと迷うことになり、なかなか決まらず時間が゜経過する事に。
 原因は御殿の展示物、新しく手に入れた白木御殿を今回の目玉として考えていたが、実際に組み立ててみたら部品の欠落に気が付く。

 最も重要な部品が欠落しており、急遽自分で製作する事にして製作に入ったが、其れは簡単に行くつもりが当て外れ。
 2回、3回と造り直しては壊し、結局時間のついやする結果となり、ここで日にちのロスが生まれてしまう事となった。 今年の展示場所は19箇所、昨年よりも6箇所増えたことになり、その分大忙しの毎日、展示物の選択も四苦八苦の状態。
 最後の展示場古民家久米邸、ここは毎年御殿雛を展示、今年も色々な御殿雛を5点展示、それだけでは寂しいので、壁に吊るし雛を展示してアクセントを付け、迫力のある展示にした。
  ここの展示が完成すれば、後は最後の追い込みになり、一展示場のみとの設営、時間との戦いに先が見えてきたように。
 そして今年は商店街の一角に享保雛を展示する事になり、これが大変な作業となる事は必定、頭の痛い問題でもある。
 最後の展示場は商店街の一角、場所としては広くて申し分はないが果たしてどのような物を展示するのか、ここ一両日に完成させねばならないので、ラストスパートを掛けたい。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85989531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック