2020年11月27日

こんなのあり

    むき出しです
SANY3044.JPG 趣味には限度が無いといわれるが、極端な物から程よい物まで様々、当の本人が良ければそれは列記とした趣味、人がどんな事を言おうが本人次第。
 元来趣味とはそう云うもの、喩え人が不思議そうに思っても、本人が真面目に取り組めば、それで良いと思う、どんな事でも突き詰めれば同じ事だ。
 物を集める人もいれば、物を観察する人、写真を取る人、運動をする人と人其々に楽しむのが趣味、私の周りにも変わった趣味の人が居て、食べ物の包み紙を集めている人が居る。
 食べ物であればどんな物でも良く、ラーメンの包み紙、ポテトチップスの袋、チュウインガムの包みといった様に、包み紙を次から次えと集めている。
 金の掛からない趣味で、兎に角集めているので、数が無限大にあるような気がするが、本人に言わせると無限にある物などないと言い切るのである。

 そんな物を集めてどうなるのかと思うが、それが趣SANY3049.JPG味だから人がとやかく言う事でもなく、本人は凄く真面目に突き進んでいるから、これからも止めるつもりが無いらしい。
 その友人が、私のこれを見て「お前が人のことを言えるのか」と、その友人が指摘したのが写真の物、腕時計の機械が丸出しのタイピンである。
 彼に言わせると「こんな物が何でタイピンになるのか」、これこそ悪趣味であると、言われてみればその通り、誰が見ても時計のガラクタでしかない。
 其れを真面目にネクタイピンとして、使っているお前こそ変人だと言い切るから面白いのだが、人の事は冷静に見えても、自分の事となると、見えないのも人らしい。
 このタイピンが人から見てどう思われるのか、やっぱり知りたいのが人情、自分ではそんなに変な物でないと思っているのだが、果たして他人の判断はどうだろうか。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月26日

変った鍵

   個性があふれる
 時計を動かすのに必要なものがカギ、ゼンマイ仕掛けの時計はSANY0933.JPGネジを巻かないと動かないもの、その為に必要になるのがカギである。
 古時計はゼンマイ仕掛けで動くものが多く、そん分だけ鍵が存在する事になり、数多くの種類の鍵が現在まで存在している。
 一言で言えば時計の数だけ鍵も存在すると言う事、時計によっては特殊な鍵が必要になる事も、つまりそのカギでなければネジは巻けないと言う事だ。
 一品物の鍵と言う事になり、その時計の為だけに造られた鍵も存在しており、無くしてしまえば時計は動かない事になり、紛失をしないように心掛けなければイケない。
 古時計は色々な種類の時計製造会社が存在し、共通の鍵は存在していないから、その会社の鍵でなければネジも巻けないことに、また同じ会社の時計でも鍵は別々にある。
 つまり同じ会社の時計でも、機械が違えば当然鍵も違う事になり、指定の鍵でなければネジも巻けないのが古時計である。

 写真上の古時計の鍵、三木福助が発案した鍵であるが、このSANY8537.JPG鍵も又特定の時計にしかネジを巻く事の出来ない鍵、共通のネジ巻きではないのである。
 三木福助が何処の時計製造会社の時計の為に発案したものなのか、今では資料が無いために分からないが、この鍵で色々な時計製造所の時計に試してみたが、精工舎の時計に多く巻けるものがあった。
 偶然かも知れないが、機械の鍵穴にぴったりと合えば当然ネジを巻くことができるので、合う穴が多いと言う事は需要も多い事になる。
 逆に言えば三木福助はそれを見越して精工舎の時計の多く似合うような鍵を制作したと言えるのだが、それは推測でしかないのだ。
 それにしてもこの鍵実用新案の特許を取得している鍵、ネジを巻いた日付を表す仕掛けが施されたもの、鍵中央の穴が開いている部分に日付が出る仕組み。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月25日

ライター

   火を付けるもの
SANY1857.JPG
 ライター、最近はライターで煙草を吸っている人をあまり見かけなくなってしまったようだ、やはりオリンピックのせいだが今でも使っている人はいる。
 勿論私は現在もライターを所持、ライターで煙草に火を付けているが、100円ライターではなく、列記としたライターで付けているのだ。
 最近はコンビニでもライターが少なくなっていて、以前に一番目に付く所に置いてあったが、今では何処にあるのか分からない位の場所に置いてある。
 それほど煙草を吸う人が少なく成ったしまったから、ライターも自然と姿を消しているように思え、自分でも煙草を吸うときには周りを気にしながら、それも喫煙可能の場所で吸ってはいるが、肩身の狭い思いをしている。
 それほど煙草を吸う人が居なくなった証、それに外で吸う場所もなくなり、殆ど禁煙になってしまったからだ。SANY2093.JPG
 オリンピック開催で尚更喫煙場所は亡くなり、喫煙者には地獄である見たいな状況、寂しい限りだ。
 だったら煙草を止めれば良いではないかと言われそうだが、全く止めるつもりはサラサラない、ジタバタしても煙草だけは吸い続ける。
 もう何年になるのか、ライターを集め出してから、自分で使っているライターが段々と増え、そのうちに古いライターを集め出した。
 勿論使うつもりで買い込んだのだから使わなければと思い、実際に使い込んでいたが、自分でも思わむ事にライターが増えた、毎日違うライターを持ち、とっかえ、ひっかえ、ライターを持ち出しては使っていたが、使い辛いライターも多かったものだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月24日

バーコード

   間 違 い
 バーコードは色々な商品についている値段票、パソコDSCN2239.JPGンやコンピーュターの普及で何にでも張り付けてあるグラフみたいなもの、何でこんなものが張り付けてあるのか不思議であったが、これが値段票だと言われ、何とも納得が行かなかった事を思い出すのだ。
 それまでは値段が張り付けてあり、一目で値段が分かったがバーコードでは値段は分からず、幾らなのか聞かなければならない。
 勿論商品だから棚などに張り紙で値段が書いてあり、それを見ればわかるようにはなっているのが現状で、バーコードだけではない。
 しかしこのバーコード果たして本当に信用出来るものなのか、コンピューターだから的確に読み取り、間違いはないと言われているが、果たしてそうだろうか、前からそんな疑問を持っていた私は現実に、このバーコードで揉めた事があり、やはり予感は的中した。

 全国的に展開するホームセンターでの出来事、ベニヤ板DSCN2240.JPGの部品を買いに出かけ、前に買ったものと同じものを買い込んだ時、何時もの様にレッジに持って行くと、前買った値段と違う表示が倍の値段になっている、おかしいと思ったが何人も並んでいるので聞くのをやめた。
 しかしやはり値段が気になりカウンターで値段が違うのでわと、すると店員さんは間違いないと言い切るので、店員と二人で商品棚の所に行き、もう一度値段を調べた。
 結果は値段は前の値段と一緒、しかし払った値段は倍の値段、何でそんな事になるのかと問い詰めると、バーコードは正確で違いないと言い切る。
 納得が行かず、何時から値段が倍になったのだと聞くと、分からないが間違いはないと再度店員が主張するので、他の店員に調べて貰ったら、結果はバーコードの貼り付けが間違っていたと言う事らしい。
 コンピューターは正確だがバーコードは当てにならないと立証できた一例、人がバーコードを張り付け、その時張り間違えをすれば信用が出来ない事を改めてあてに出来ないものと感じた一例。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月23日

和時計円天賦式

   部品を見て欲しい
DSCN1064.JPG
 和時計は欲しいが完品がない、特に和時計の場合は部品が足りないと、後から面倒なことになるから、事前に調べておかないと、私も以前は少し位部品が無くとも後から造れば良いと、そんな事を思って買い込んだ事もあった。
 しかし結果は散々な事に、和時計の部品は同じ物は無く、その時計一つの為に造られたものである、だから同じ共通部品は無いので、他の時計から取って付けようとしても、付く事は無く無駄な労力である。
 こんな部品一つ位と思って買い込んだはいいが、その部品を造るために苦労した事、造る人を探さなければならない。
 しかし現在そんな部DSCN1069.JPG品を造ってくれる人は少なく、また時間とお金がかかるもので、結果は部品が揃った物を買った方が良く、造って貰う部品代も高く付き、少しくらい安く買い込んだとしても、後の方がお金が掛かったりすることも多く、だからこそ買い込む時に注意して見ないと失敗をする。

 確かに現在でも部品の足りない和時計がネットで多く出ているが、安く買い込んだ人は大変だと何時も思っている状態だ、勿論自分で修理出来る人は良いであろうが、普通の人はそうは行かない、だから部品が欠けていないかチェックが重要。
 今回の和時計は円天賦式のもの、バラバラな状態で組み立ててないものでDSCN1066.JPGあった為に部品の確認が難しい。
 一つ一つ頭の中で組み立てて行く事が先決、色々な部品があるが、和時計は現代的な時計と比べれば部品数は少ない。
 比較的和時計の部品は少なく、だからと言って簡単ではないもの、特に和時計は難しい。
 和時計は一つ一つの部品が、作者によって全く違うものであり、形は良く似ていても全くの別ものであるのも和時計。
 その為に慎重に確認しないと、別の部品が入り込んでいる事もあり、間違えれば組立てられない事に、だから慎重に見ないと失敗する事になる。
 和時計は円天賦式のものであるが、肝心な天賦のバネが損傷している事、このバネは和時計独特のバネ、和時計には日本のものを使用しており、ばねを探すのも大変だと思われる。
 後は止め金が少し足りないが、重要部品ではないので応用は利く、問題に歯車類は全部揃っているようで問題はない。
 部品全体を確認、問題点は少なく、程度の良いものである事、組み立てても大した問題が起こらない事、完成した円天賦式の和時計、全体に良い程度の状態、天賦のバネも丁度良いものがあり、完璧に組み立てられた。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話