2019年04月15日

具体的に

    和時計が何時頃
 
 SANY3926.JPG和時計には分からない事が多すぎ、色々な物が製造されたが、何処で製造されたものなのか知りたいと思う。
 和時計を探し求めてから40数年が過ぎ、買い込んだものは35台以上、手元には6、7台の和時計があるが、全部がとこで製造され、何時の時代のものなのか知りたいと思っている。
 自分なりに調べているが全部は解明されていないので、是非ハッキリとしたことが知りたいと思う。
 勿論今までにも色々な人から、色々な事を教えて貰ったが、今一ハッキリとした事が分かっていない。
 その内2台は大体の事は解明できたが、残りのものは殆どと言って良い位に分からないし、決めてもないのだ。
 和時計とはこの様なものであるとは思うが、それでも解明したいと資料を見ているが分からない事ばかり多い。

 和時計は一つ一つ違っているので、ボンボン時計のようには解明できず、これと言った証拠もない何故かと言えば、和時計は殆どのものが製作者の名前がないので、何時だれが製造したのか不明なのだ。SANY5909.JPG
 和時計は二つに分けられ、一つは大名などのお抱え時計師、もう一つが町の時計師、お抱え時計師は名前を刻まなかったと言われている。
 何処の大名の時計師が造ったものなのかは、分からないようにしてあるとも言われている。
 これは自分の名前を出さない事、抱えられた主人に遠慮したのだと言われているが、事実は不明で、大名はお抱え時計師に和時計を造らせ、献上品として使われた為であるとも言われている。
 だから名前は刻まなかったと、名前が入っていたらその人が居た時代が測定できるが、それもおおよそである。
 稀に名前が刻まれたものもあり、製作日も刻まれているものも、それらは時代測定ができるのだが、その他で時代測定が出来るものは、時を告げる鐘であり、この鐘は時代によって形が変わって行くので、大まかな時代が分かることになる。

 もう一つが文字盤の造り方、これも時代によって流行りがあり、おおよその時代が分かるが、これも大まかな時代、和時計とは400年に渡って製造されたものであり、多SANY8044.JPGくの時計師達が和時計を製造した。
 その製造年代を知る事は、和時計の歴史を知る上でも重要な事だと言えるが、中々詳しい解明は出来ていない。
 元々和時計師は細かな資料を残していない、残したとしても弟子に受け継がれており、表には出ていない。
 その為に資料らしきものは中々ないのも現実、あの津田助左衛門の家系であっても、表には資料は出ていない。
 やはり和時計はこれから調べて行かないと、その歴史も詳しくは解明されないまま、闇に消えてしまうかも知れない。
 友人もセッセと和時計を集めており、資料も手当たり次第に集めているが、時代を通して集めている訳ではなく、出て来たものを買い集めているだけの事。
 しかし其れさえも出来なくなる恐れもあり、これから益々厳しくなって行くと思う、今のうちに何とかしなくてはと思っているだけ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月14日

招き猫の顔

    やっぱり個性が

DSCN1118.JPG
 瀬戸の招き猫、今までに多く製造されているが磁器製が多く、市場で人気が高いものであるが、素焼きの招き猫も多く製造はされている。
 磁器製の招き猫の方が人気で、素焼きのものよりも買い求める人が多い、それは磁器製の方が美しいからだと思うがが、勿論素焼きの招き猫も郷土玩具的要素があり、人気は二分されていると思われ、何方が好きかと言う事だと思う招き猫はどれも同じだと思っている人、それは大きな間違えであり、磁器製の招き猫程個性があわられているものはないと思う。
 確かに一見した限りでは同じように見えて来るが、注意良く見て見ると、まった違ったものであると気が付く事になる。
 当然の事ながら製造する窯元は一つではなく複数、その為に招き猫の顔が違っても当たり前の事、逆に全部同じだと言う事はなく、一つ、一つの窯元が自分の好みの顔を製造しているから、当然顔が違う事になるが、磁器で製造されている物は皆同じだと思ってしまうから産地でも分かれているので、多種多様な招き猫の顔が存在している事になり、愛好家はそれを目的としている事も事実であると思う。

 つまり、顔の変わった招き猫を集める為に奔走していると思うが、違っDSCN1121.JPGているから尚更集めたくなる心理、分かるような気もするが、人と違ったものを集めたいと思うのは誰しも同じ、どの世界でも共通の課題であり、それがあるから楽しいのだと思うが招き猫は時代と共に進化をしており、勿論窯元にも違いがあるから、その二つが両輪となり数多くの変わった顔が出現するのだと思う。
 形や大きさにも違いが顕著に出ているもので、大型の物と小型のものとでは全く顔が違うので、大小を合わせて見ると歴然とした違いが。
 写真の招き猫、大きなものと小さな物と比較して見たもの、はじめのものは大きな招き猫の顔、下の写真は比較的小さな招き猫のもの、時代的に違いがあり、小さな物も時代が同じ物ではないから、自分の目で確かめて見て、どれが古い物で、どれが新しい物なのか。
 三つ並べてみたからどれが古い物なのかを見極めるのもあなた次第、数のあるだけ顔が違う事の証であると。
 それを立証して見るのも愛好家の務め、只集めるだけではなく、顔にも注目して見ると、又変わった楽しみ方もあると思う。




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月13日

染付け祥瑞

    幾何学模様

 染付け柄祥瑞には色々な模様が描かれているが、その模様は様々で職人による創意工夫SANY0688.JPGがなされ、数限りない模様を生み出しているといわれている。
 中国で生まれた祥瑞、日本に渡来してからその姿を変え、日本独特の図柄が誕生し、発展を遂げるが時代、時代に流行りも存在していたようである。
 極細微な模様が好まれた時代、大柄な幾何学模様が流行った時代、時代によりその時の好みも変化しい行くのもまた日本の歴史かもしれない。
 時代に要求される模様を基本は其のままに、変化させてゆくのも職人の腕、そこには美的感覚が要求され、職人も技術だけではなく発想のセンスもまた必要であった。
 各地の染付けは祥瑞柄にも当然の事、その土地の歴史があり土地土地によって微妙に図柄も違い、これも又意図的に行われていた事、つまり他地域よりも進んだ技術とセンスを誇示したからである。

 有田や九谷、清水や瀬戸これらの地域は染付けを生産する産地、いわば競争SANY0685.JPG相手であり、競い合って地元商品の優秀さをアピールすると共に、市場を獲得する為に競い合った。
 祥瑞は幾何学模様と丸紋の連続模様、その幾何学模様は千差万別、図柄は幾とおりにもなり無限に近い、1つの柄を連続させ模様を構成するもの、それが花であったり、波であったり、七宝であったりと限りなく多いもの。
 写真の祥瑞も小さな花や波を連続させて幾何学模様を作り出しているが、その職人のセンスの良し悪しで図柄も生きてくるもの、躍動感のあるものや落着いた柄物の組み合わせの冥でもある。
 瀬戸の祥瑞柄の冥、細かい柄を瀬戸のゴスで描かれた鉢、藍色の濃淡(ぼかし)の技法も取り入れて、鉢全体に施された幾何学の美が出来上がっている。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク

2019年04月12日

お騒がせ男

    あの男が

 毎回登場しているお騒がせ男、3ヶ月ほど見えないと思っていたらひょっこりと登場、買い付けに行っていた由、静かだと思った。
SANY3754.JPGSANY3759.JPG 海外から帰ってくると真っ先に現れるから、この男余程我家に来る事が好きなようで、何時ものように慌ただしく登場だ。
 この男が現れると喜ぶのは我家の家族、土産物を持って登場するからだが、私のとってはやっかいな男、ガラクタばかり持って現れ、買って来てやったと威張り散らすから。
 「お前の為に買って来てやった」と決まり文句をはき、押し付けがましい態度、しかし彼に悪気がない事は百も承知し、若い頃よりの悪友達、隅々まで知り尽くした男でもあるからこそ、お互いに遠慮が無いのだが、其れを知らない人が見ると仲が悪いと思うかもしれない。
 そんな男が今日は妙に静か、こうなるとこちらが逆に心配となり、何かあったのか心配も、之もこの男の演技であったとは、全く訳の分からない男だ。

 今日は箱らしき物の中に入っているらしく、恭しく箱を取り出しゆっくりと蓋をSANY3763.JPGあけ、中から取り出したものはフランス枕、其れも大型の重そうなものだった。
 奴曰く「お前が前にフランス枕は重いやつほど高いと言っていたので、重いのを買い込んだ」と言うのだ、確かに取り出したものは重い時計だった。
 フランス枕は重ければ機械は良いものが入っていると教えた事はあるが、全部が全部そうとは限らず、ヤッパリ機械が分からないと難しいのだ、しかし、この男にそんな事を頼んでも分かるはずも無く、何時も失敗しているだけで、良いものを持って現れたためしがないが、今日は少し違うようだ。
 見るからに良いフランス枕と分かる代物、程度もそこそこ良さそうで、今回はヒットさくかもしれないと思い、手にとって見るとクォータ打ちが付いた時計だ。
 時打ちが付いているフランス枕は高級機の部類、機械も複雑になっている為に当然重くなるもので、良いものに多いフランス枕だ、たまにはこんな事もあるので、この男が現れても期待はしていないが、偶には驚く事もあるものだからむげに追い返すのも出来ない。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月11日

山菜

    やっぱり旬
 この季節になると蕎麦とともに山菜、麺好きな私としてはこの時期にIMG_0368.JPGなると無性に蕎麦が食べたくなる。
 食通は一つのものしか食べないと言われ、蕎麦はそばだけ食べる事、ほか物と食べ合わせはしないらしい。
 蕎麦屋で天麩羅と抱き合わせで食べる事はしないと、そんな食べ方は邪道だと言う事らしく、そんな食べ方はしない。
 私は食い意地が張っているために、旨いもんはどれだけ一緒に食べても旨いと思うし、蕎麦と一緒に食べたいとも思う。
 食通の人からすればやっぱり邪道かも、食通と言うより蕎麦通、そんな事はともかく、この時期になるとやっぱり食べたいものが。
 友人がそばを食べに行くと誘いに、そんな訳で蕎麦を食べに行くことにしたが、何処へ行くかだ。

 蕎麦だけであれば決まった処があるが、もう一つの楽しみが一緒となると限られ、毎年行く蕎麦屋がある。
 そこの蕎麦は折り紙付きの蕎麦、何度となく通ったところ、友人の紹介の蕎麦屋、半信半疑でそこまで食べに行く。
 IMG_0367.JPGその店とは岐阜県関市にある蕎麦屋、古い街道筋の真ん中近くにある店、まだそんなに古くない店だ。
 その店とは「そば切り助六」、目当てのものとは、この時期の山菜の天麩羅、ここの天麩羅は山菜の良い物だけを出す。
 近くで手に入れた山菜を出すことでも有名な店、名古屋からわざわざ食べにくる常連が多く、駐車場も満員。
 昼時には混むから気を付けてゆかないと食べれない時も、なくなり次第店じまいしてしまうらしい。
 以前にも食べに行ったが食いはぐれて、ぶつぶつ言いながら他の店に行く、しかしここの山菜の天麩羅にはかなわないので、タラの芽、こしあぶら、タケノコ、雪ノ下、などの山菜のオンパレード、ほとんどの客はこれを目当てにやった来るのだ。








posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記