2019年06月11日

招き猫のしっぽ

    見落としている
SANY8460.JPG
 招き猫、古くから愛されて来たもの、特に商売をしている方にとっては福の神、客を呼び込んでくれる大切なもの、古来より可愛がられてきたもの。
 全国各地で作られてきた招き猫、産地、産地で色々な素材があり、陶器であったり、磁器であったり、ハタマタ張子であったりと、色々なもので作られる。
 発祥についても色々、おらが町が元祖とか発祥地とか、名乗り出るところは多いが、ハッキリとした証拠も無く、持論の展開ばかりが目立つ。
 それはそれで面白いと思うが、度が過ぎると面白くも無くなり、嫌味にも見えてくるものだから、ソコソコにしたいものである。
 そんな招き猫、形も色々と作られ、一般的な招き猫は三毛猫がSANY8601.JPG主流、招き猫の元祖が三毛猫であったからと言われるが、果たしてそうだろうか。
 三毛猫は猫の中でも珍しい猫で、数が少ない事からの単なるこじ付けではないのかと思うが、三毛猫が定着しているのも現実。
 招き猫は三毛猫、これが定説としておき、猫は正面を向いて座っている形がこれまた定番、どんな招き猫でも座っているものが多い。

 そして猫の手は左か右の手を上に挙げて、招く仕草をしている事、これまた定番の形、全国的にこの形のものが招き猫の形。
 では尻尾はどちら向きに巻いているものなのか、こんな疑問を持ったことは無いだろうか、私も幾つかの招き猫を持っているが、今までに尻尾を観察したことが無かった。SANY8592.JPG
 たまたま第十八来る福招き猫祭りの展示会場で、見学者から質問されて初めて確認をしたもの、それまでは気にも留めなかったのだ。
 普段の質問は右手か何でお金だとか、左手は人招きなのは何故とかの質問ばかりだが、この時の質問に自分も一瞬答えにつまり、どう答えるのか頭の中で考えもした。
 その後、自分の持っている招き猫を全部調べる事に、一つ一つ見るたびに新しい発見が幾つかあり、今まで手の位置以外、如何に他のことは関心がなかったのだと改めて気が付く。
 100数個のコレクションを調べた結果、尻尾が左にあるものが63個、右にあるもの32個、真ん中にあるもの21個と言う結果になった。
 この事実では左に尻尾があるものの方が多いと言うことになったが、果たしてこの結果が全体の割合と合うのかどうかは分からないが、私の出した結果と違うものが出るやに思うが、手持ちの招き猫の尻尾、是非調べてみて、自分自身に確認されると面白いと思います。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月10日

時の記念日

   6月10日
 時の記念日、今日10日は時の記念日であるが休日にはなっていない、普通記念日は休日になるのだが時の記念日はなっていないのだ。
 以前から国にSANY0216.JPG働き掛けているそうだがまだなっていない、記念日だから休日で良いと思うが中々ならないらしい。
 そんな時の記念日、何時から記念日になったのかと言えば1920年、大正9年に当時の文部省の外郭団体生活改善同盟会が推奨して決められたと言う事。
 時間の大切さと、時間を守る事、それによる生活の改善が目的であったと言うが、当時の世相と相まってつくられた感じがする。
 時間の大切さと生活改善、大正期のデモクラッシ―、農村の改革や労働者の権利を守る戦いも同時に始まったようだ。
 そんな世相を反映してつくられた感がある時の記念日、いわれは兎も角時間の大切さに変わりはないと思う。
 もともと古く飛鳥の時代に遡るから、時間管理は古くからの目的でもあったようで、660年飛鳥の時代中大兄皇子が宮中に漏刻を造ったのが最初。

 当時の役人が時間にルーズで時の大切さを感じていた中大兄皇子が中国の水時計を真似て宮中に設置したものと言う。
 水時計、漏刻と呼ばれたもの、四段になった水槽に上から順に一定水を流して、一番下の水槽に水が溜まり、そこにウキを浮かべて目盛りを刻む、水が上昇する事により浮きも上がり、浮きに目盛りが刻まれており、時を刻む仕組みである。
 非常に原始的な仕組みであるが、一定の量を流す事により精度は大体刻まれたもの、現代みたいに秒単位は必要なく、当時はこれが正確であった。
 もともと日の出、日の入りで仕事を始めたもので、それに比べれば遥かに正確、役人の管理にはうってつけであったと言われてる。
 当時の役人が如何に時間にルーズであったかの裏返しでもあるが、今も昔も時間管理は支配者にとっては重要に要素である事に変わりはないのだ。
 時の記念日は671年の4月25日が記録としてハッキリしているので、此方の説をとっているが実際はもっと古く、飛鳥の宮で漏刻が造られている。
 セセコマシイ現代社会だが、時間に追われる生活はこれからも続きそうで、もう少しゆとりある生活を望みたいものだと思うが。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月09日

西部劇

   最近西部劇

 たまたまSANY0220.JPGネットで見かけた西部劇の映画、暇も手伝ってツイツイ見る事にしたが懐かしさも手伝って、その後色々と見ることになってしまった。
 若い頃より西部劇は好きで、どちらかと言えば洋画の方が良く見ていたと思う、特に西部劇映画は好きであったから良く見た。
 一番好きであったのが「拳銃無宿」、言わずと知れたマックイーンの出世作、これにのめり込み西部劇は拳銃無宿しかないとも思っていたものだ。
 それ以来マックイーンの映画は全部見たと思うが、結局西部劇でもなくてもマックイーンの映画であれば見ていたと思う。
 当時モデルガンが流行り出し、本物により近いものを求めて、あちらこちらのショップ巡り歩いたことを思い出す。
 勿論マックイーンの持っていたランドル銃も手に入れ、現在も所有しており、時々出してはマックイーンを思い出すが、この銃は印象深いものだ。
 まだ中学生だった頃の事、モデルガンは高くて中々手に入らず、小遣いを溜めて必死の思いで買い込んだことが思い出される。
 西部劇映画と言えばジョン、ウエーンと決まっていたように思うが、私は余り好きではなく、やっぱりマックイーンオンリーであった。

 そんな事で最近マックイーンの拳銃無宿のDVSANY0224.JPGDを手に入れ、見ているうちに今買っておかないと無くなってしまうのではと想い出した。
 するとネットで探せば早く見つかるのではと思ったのが運の尽き、見る見るうちにDVDが溜まり出し、安いのも手伝って買い過ぎてしまい、今後悔しているのだ。
 幾ら安いと言っても数が多くなれば値も張る事になり、妻からこんなに買ってどおするのかと嫌みまで言われてしまった。
 確かに言われる通りで、同じものも2、3枚重なって買い込んだもののあり、嫌みの元ともなって、自分でも反省はしている。
 買い込んだものは見なければ勿体ないので、暇があれば見る事にしているが、見ているとまたまた嫌味を言われてしまう事になる。
 同じ西部劇ばかり見て良く嫌にならないものだと、確かにその通りで多くのDVDがあるが結局拳銃無宿の映画ばかり見ているのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月08日

電機は弱い

   貰い受けたが

 知人が持ってきたHOゲージの気動車、SANY0070.JPG40年も前のものだと言う代物、私も記憶がある気動車でもあるので懐かしく見た。
 知人は物を整理していたらこれが出てきたが要らないから持ってきたと言う、しかし動くかどうか分からないとも付け加えた、そもそも何年も使わずにお蔵入りしていたものが、直ぐに動くとは思えないものである事は承知しているが懐かしさが先にたった。
 以前自分も持っていたから懐かしく、それを見た時に動くかどうかよりも昔に帰ったような気になっていたのでつい手が出、貰ってしまったのだ。
 妻から何でそんな古いものを貰うのかと嫌みを言われたが、確かに動くかどうかも分からないもの、しかし頭の中は懐かしいと、そして動かしてみたいとそんな思いが。
 知人が帰った後ジックリと現物を見ると、やっぱり部品が足りないようで、どれが足りないか検査をしつつ並べてみる事にした。
 すると直ぐに動力車がない事に気が付き、貰ったものを再度検査したが何処にも動力車がないので、これはやばいと心で思う。
 しかし気楽に貰った手前妻にも言えず、他の部品も慌てて探すが、やはりその他の部品もない事が分かり、改めてガッカリする事になる。

 貰ったは良いが部品は足らないし、動力車SANY0077.JPGもなく、その上コントローラーもない事に気が付き、これは大変だと改めて思う事に。
 HOゲージに詳しい友人に見て貰うために友人宅にゆくも、友人曰く「古いドイツ物のゲージ、難しいぞ」と開口一番言われてしまった。
 その上、「あんたは電気に弱いだろ」とも言われ、電気製品は長年使わなかったものは危なくて、尚且つ危険でもあるのだと言う。
 確かに私は電気に弱く理屈も分からず、修理も出来ず、そんな者が古い電気製品を貰うとはと、あきれ顔で現物を検査してくれた。
 結果は使うのは大変な事で、先ずは錆を落として通電するかを検査し、危ない所を見つけないと危険だとも付け加えた、流石にこの時大変な事だとはじめて気が付く事になる。
 友人、早速ネットでドイツ製のメルクリンを調べてくれ、「部品は手に入るが高いものに付くぞ」と忠告してくれたが仕方がない、この状態では動かす事も出来ず線路やコントローラーを手に入れる事にした。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月07日

何ともならない

      恥の上塗り

 SANY3908.JPG古時計を集めだして間もない駆け出しの頃、今では考えられないほどのミスを犯していたもの、忘れもしないが東寺の市での事、今までに見たことのない時計に出くわした。
 京都の東寺の市に顔を出し始めて間もないころ、以前に古時計を買った露天商の親父に呼び止められ、その店の品を見ることになったが、親父「あんたの為に面白い時計を持ってきた」と自慢げに時計を取り出した。
 あんたの為にと言われると弱い、早速見せてもらう事に、見れば今まで見たことのない形の時計、之がその時計だと「珍しい物で、自分も今までに扱ったことがない」と親父。
 確かに珍しい時計だ、すると親父「こんな時計滅多に出ない、あんたは運が良い人だ」とまくし立てられ、ツイツイ良い気持ちになってしまい、値段も聞かずに「その時計貰ってゆく」と即座に返事をしてしまった。
 何せ今まで見たことのない形で、その上親父が「あんたの為に」と言われると、そんなに悪い気にはならないし、逆に「俺が買わなきゃー誰が買う」と天狗になったものだ。

 今なら、そんな煽てに乗せられないし、時計をじっくりと見る事にしているが、こSANY3911.JPGの時は兎に角早く自分の手元に置かねばと、そんな気持ちが先にたってしまったものだ。
 写真の時計が其れ、今だに何ともならず30数年我家でそのままの状態、まずイケない所はガラス枠、この時計どお言う訳か7インチ文字盤の時計。
 今までに7インチ文字盤の時計に出会った事はなく、「何だか変だなあ」とは思っていたのが、その上したのガラス枠もない状態、本来の物は此処に木枠のガラス枠が入っていたと思われる。
 その時は8インチのガラス枠は直ぐに手に入るから、簡単に復元できると思っていたし、売り手の親父も「この市の何処かで見つけられるよ」と軽く云うので、其れを信用もしたのだ。
 今ならこんなものは絶対に買わないし、買った値段も今思うとべらぼうに高い、あの親父にしてやられたが、自分の知識のなさも反省すべきである。
 その日から、この時計の付属品探しをはじめる事になり、セッセと骨董屋巡りを繰り返してきたが、結局今日まで時が過ぎてしまい、現在もまだ買ったままの状態である。

 

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記