2020年11月12日

盛秀太郎

    津軽が生んだ名工
SANY0970.JPG
 盛秀太郎、青森県津軽系のこけしの元祖とも言える人物、津軽こけしは秀太郎によって大きくなったとも言う。
 秀太郎は明治28年11月に生まれ、父元吉の手伝いをしてろくろ引きを覚えるが、この頃はまだ津軽のこけしは誕生していない。
 もともと盛家は木地師の家系、父元吉も木地師であったが養蚕を営んでいたが、木地師も並行して行っていた。
 秀太郎は16歳の頃より父の手伝いをしてこの道に入るが、まだこけしは製造していなくて、本格的に始めるのは大正三年である。
 津軽長おこぼと呼ばれる原型が存在、その発展形が秀太郎が造り出すが、直ぐにはこけしは売れなかったようだ、温泉場の土産物としてこけしを売り出してから、少しづつ人気が出始め、秀太郎の造るこけしが広がりを見せる事になる。SANY0964.JPG
 津軽のろくろは床おき式と呼ばれる形式のろくろ、津軽独特のろくろであると言われ、秀太郎もこれでこけしを製造した。
 次第に秀太郎のこけしは人気が出、製造が追いつかなくなるほどの人気となるが、律儀な秀太郎は多くを製造できない。

 人気が出る事により、こけしの製造が追いつかなくなり、次第にこけしの値段が上がる事に、そんな出来事を秀太郎は嘆いていたと言う。
 自分のこけしが人気出る事はありがたいが、忙しくて病気にもなれない位なり、それが気がかりで辛いのだと漏らしている。
 本人の意思とは違い、秀太郎の造り出すこけしはうなぎ登りの人気となり、一年も待たないと手に入れられない程となる。SANY0975.JPG
 こけし愛好家の間で秀太郎のこけしはひっぱりだこ、全国的にこけしの人気作家となり、ますます手に入らない様になる。
 それでも秀太郎は注文に応じようとこけし製造に邁進するも、やはり製造は追いつかなくて、本人も驚く人気になってしまう。
 秀太郎の造り出すこけしは個性的なもの、代表作の達磨が描かれている定番のこけしね一目見ただけで盛秀太郎のこけしと分かるものだ。
 写真は晩年に近い時のこけし、高さ30センチの普通サイズ、この手が秀太郎の代表作であるようだ、こけしの下に盛秀太郎木形師居士作とサインが入っている事から、やはり晩年に近い作品ではないだろうか。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月11日

親父の趣味

    今 見 る と
 SANY3169.JPG実家にあった飾りだな、子供の頃は部屋の隅に置かれていた物で、別に気にも留めずに生活していたが、自分が家を建てた頃より少しづつ興味を持つように。
 私は次男であることもあり、兄よりも早く実家を出る事になり、同じ市内に家を建てたのだが、子供の頃より畳の上で育ったものだから、家を建てるときも畳の部屋を作る事にしていた。
 実家には親父の趣味で飾り棚が四つあり、そのうちで1番良いと思うものを持って来ようとしたが、部屋が狭いために母親が飾り棚が大きすぎると言い出した。
 確かにその通り、実家においてある部屋は十畳の広さ、私の部屋は六畳、母親の言うとおり狭すぎ、仕方なく1番小さな物を持って行くことにした。
 この飾り棚、四つの内1番シンプルな物、あまり気が進まなかったが、部屋に納まらない以上仕方なく、この小さな飾り棚になってしまった。

 その後30年我家の和室に鎮座していたが、誰もこの飾り棚に気も留めず月日は過ぎ去ったもの、部屋が古くなったので改築をする際に、大工さんがこの飾り棚を見て「これ黒柿のむく板で、こんなに大きく見事な物を見たことが無い」と言い出した。SANY3172.JPGSANY3171.JPG
 大工さんによると、45センチもの幅のある一枚板は珍しく、孔雀紋の入った黒柿は、今となっては貴重な物だそうで、絶賛され此方がビックリした。
 「板の厚さも1センチと厚く、立派な飾り棚で大事にしてください」と、今まで何とも思っていなかった飾り棚、他人から褒められると、何だか立派に見えてきたようだ。
 人間と言うものは勝手な動物、自分ではあまり乗り気でなかったものが、褒められて良くなってしまうとは、やっぱりマダマダ悟りが無い未熟者である。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月10日

木曽の大橋

    道 の 駅
 SANY2908.JPG国道19号線木曽街道奈良井宿の道の駅、全国に道の駅は沢山有るが、売店や建物がない道の駅は珍しいもの、そして駐車場も大きくはない。
 休憩しようと思って入った人は先ず驚く、売店も何もないからだ、そして目の前に大きな橋が目に入ってくるが、この橋思ったよりも大きいもの。
 奈良井川に架かる木造の橋、この木造の橋は1991年に造られたもの、その長さは33メートル、幅6.5メートル、高さ7メートルと木造の橋としては日本国内有数の大きさを誇る。
 木曽街道奈良井宿の前に架かる橋、木曽街道江戸から数えて34番目の宿場町、今も江戸時代さながらの町並みを残しており、観光客で賑わっている宿場。
 その宿場に行くに一番の近道にある橋、橋脚を持たない橋としても有名であり、岩国の錦帯橋と同じ造りの構造として造られた橋、この橋下から見目とその構造が良く分かり、実に美しい姿をしている橋だ。
SANY2909.JPG
 300年以上の木曽檜で造られており、宿からは20段の階段があり、国道側には21段の階段になっているが、これは20世紀から21世紀にかける橋と言う意味もあるらしい。
 この橋、工費は2億円といわれ、木曽の檜木を使った高級品、しかも300年以上の檜木しか使って居ない橋、橋にこれだけの木曽檜木を使った橋は全国にない。
 古い歴史を秘めた木曽街道、宿場町の未来を橋にかけた思い、実にロマンチックな事をする町でもあり、そんな思いを乗せた橋を今日も観光客が訪れる。
 4月から11月の夜にはライトアップされ、この総檜造りの橋が闇に浮かんでいる姿は、実に幻想的な世界であり、一足飛びに江戸時代にタイムスリップしたようである。

 

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月09日

またまた捕まった

    写真の落とし穴
 またまたやってしまったネット、通信販売とDSCN2197.JPGは便利なもので、写真を見て注文するだけで商品が届く、現代商売の典型みたいなもの、ヤッパリ便利だ。
 しかし、その反面実物と写真の商品とギャップができ、クレームも多いと聞くが、自分は絶対にそんなものに引っ掛からないと、自信があったのだが。
 前にもネットの落とし穴に嵌ってしまった事を紹介したが、今回もまた同じ事をやってしまったのだ、ネットで何気なしに画面を見ていたら、ある商品に目がとまり、之は掘り出し物だと直感した。
 その時計は実に上手く写真を撮っていたので、実物より格段に上の商品に見えて、しかも豪華に見えたので、早速入札してもらう事にした。
 早速友人に電話、友人「何故こんな時計が欲しいのか」と、如何にも疑っている様子、彼は時計の事など全く知らない人、その彼の言うことも聞かず、「何でもいいから入札して」と催促した。

 その時計のタイトルは「豪華で重DSCN2198.JPG厚なアンティーク時計」とあったのだ、写真を見た時、これは重厚な時計でと思ったのが間違いの元、勝手に想像を膨らましていた。
 こんな置時計は余り見たことがなく、時計全体の雰囲気が何とも言えず、手の込んだ細工の時計だと解釈、どっしりとした風格も感じ、大きい物と思ってしまった。
 後は細かな紹介も全く見ることなく、友人に値段を指示して入札、その結果落札し商品が家に届くが、嫌に包みが小さくてオカシイと直感、まさかとは思いつつ荷物を解く、出てきた時計を見てガッカリするやら可笑しいやら、出てきた時計は高さ7.5センチ、横3.5センチの時計だ。
 自分では写真のフランス枕位の極上の置時計と思っていたのが之、改めて自分の情けなさと、ネットの落とし穴に嵌る怖さを実感、写真だけでは中々分からないもの、欲をかくとこんな事になる。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月08日

古時計のある風景

    集めなくても
 古時計を愛する人は多いが、その全部がSANY4674.JPG古時計を蒐集しているとは限らないもので、自分では収集はしていないが古時計は好きと言う人。
 古時計は堪らなく好きだが自分で所有しなくても、古時計を眺められる処は多く、其処に行けば何時でも楽しめると思っている人も多い。
 好きだから集めるとは限らず、好きだけど集める事はしなくて、見て楽しむ事を実行している人、そんな人達は何処に行けば古時計があるのか良く知っている。
 古時計が置いてある店は意外に多く、その殆どが飲食店、食事やコヒーを飲みながら古時計を見て楽しめる処、最近ではブティックでもインテリアとして飾っていることも。
 古時計の魅力とは懐かしさと雰囲気、何故かしら古度計がかけてある店は落着くと言われ、年配者だけでなく若い人たちも、その様に感じるらしい。
 別に古時計を手元に置かなくても、好きな時だけ古時計に合いに行けばよくて、無理して高い買い物をする必要も無いと割り切っているからだ。

 そんな人たち、古時計に関して知識も豊富、何処の店のSANY0710.JPG物は良い物が置いてあるとか、ここの店は新しい時計ばかりだとか、評価も非常に厳しいのだ。
 好きな物だけに知識も豊富、自分の物ではない為に冷静に評価、厳しい見方で意見も言え、的確に判断も出来る人たちだ。
 そんな人達は、古時計のある店を探してあちらこちらと、大概は喫茶店や食事処が多いので、気楽に行ける場所でもあり、情報も入りやすい。
 店側にとってもこの様なお客さんは喜ばしい事ではあるが、その反面この人達が店の評判を上げ下げする事もあり、非常に怖い存在でもある。
 口コミで評判は広がるが、良い方向ならばよいが、悪い方にころがる事もあり、神経を尖らせるのも無理はないもの、それも客商売である。
 古時計愛好家は、この様な店を日夜捜し求めているもの、それを利用するのも商売のコツ、店主の皆さんは良い方に傾くように努力して欲しいものだ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話