2019年11月18日

燭台

   燭台とランプ

 燭台とは灯火具の一つ、古くから明かりをともす台の事を言うSANY0349.JPGが、蝋燭が入って来てからは主に蝋燭たての事を指すようである。
 油を主体とした灯火具奈良時代から続く灯、蝋燭は鎌倉末期になってから中国より伝わったもので、それ以前には灯は油を使用していた。
 つまり蝋燭は後発の明かりである事、それも高価なものであったので一般庶民のものではなく、宮中や寺社などで使われていたもの、一部でしか使用されていない。
 鎌倉室町時代には寺社や武士階級の明かりとして使われていたが、一般的には油を使用した灯火を利用していたのだと言う。
 時代が下がり江戸時代に入っても蝋燭は高価なものとして一般家庭には使用されず、依然として油を利用していたものだ。
 蝋燭たて、つまり燭台は独自進化を遂げる事に、寺社や武家の間では燭台が高級化かたみ.jpgして行き、様々な燭台がつくられたが、銅であったり、鉄であったり、陶器であったりと趣向を凝らしてものが造られ、派手なものが出現した。

 一方ランプは明治以後一般に普及して行くが、油と言っても植物性のものではなく、江戸時代の延長では無かったもの、つまり石油を使用した灯、同じ油でも植物性の油でない事で、一般庶民の明かりも様変わりしたのだ。
 西洋のランプを真似て日本独自のランプが製造されるようになり、様々な形のランプが出現、需要と供給のバランスがとれ、段々と高級化して行った。
 それとは別に一般庶民のランプは実用的な普及品が使われ、大量生産をして需要にこたえ、これも又色々の名種類のランプがつくられた。
 写真の職台とランプ、一つは上流階級用につくられた蝋燭たて、ランプの方は庶民的で普及品のランプ、陶器の職台は趣向を凝らした桃山時代風の異人の姿を象った燭台。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月17日

小さいのが

   小型が人気
SANY0529.JPG

 古時計は色々な種類が多く、それぞれに好きな人も、確かに種類も数も多く、どれが良いのか好き好きである事は言うまでもない。
 個人的な好みで集めるものも違うから、蒐集もそれで成り立っているとも言えるが、考え方の違いからくるもの、だから面白い。
 勿論古時計は製造の歴史が長いから、数も多く存在しており、どの時代の古時計を集めるかもその人其々と言う事になる。
 だから範囲が広く、始める人にとってははじめ易いが、段々に進むうちに奥の深さに気付き、時々迷ってしまう事にもなる。
 蒐集と言うものはキリがないもので、何処まで行っても終わりがなく、だからこそ恐ろしいものでも、理性が利かないとハマっても出れなくもなる。
 勿論私もその一人、未だにもがいている状況、奥の深さをつくづくと思い知らされ、何処まで行けば良いものなのか分からない。
 SANY0521.JPG
 そんな古時計蒐集は焦点を絞って集める人も、理性が働く人は初めから目的をもって蒐集しているから、私みたいにハマらないかも知れない。
 知り合いの蒐集かは6インチの古時計しか集めないときめており、彼はそれを頑なに守っており、流石にぶれていない。
 それも6インチと言っても小型なもの以外は手を出さず、キッチリと範囲を決め、ぶれない事も感心するが、良く我慢も出来るものだと感心する。
 私みたいに之と決めていても他の物を見ると、直ぐに手を出してしまうが、彼は絶対に手を出さず自分の信念を貫く、そんな人も居るのだと感心する事しきり、蒐集とはキッチリと範囲を決めてかかる事が大切だと痛感、彼みたいに信念を貫く人は少ないと思う。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月16日

ストーブ

   復 活
SANY1334.JPG
 石油ストーブ、ひと頃は石油は姿を消すかのように思われたが、災害が発生してからは見直され、ホームセンターやショップにまた復活したようだ。
 一時は時代遅れのストーブとして扱われていたが、震災後全国的に見直され、特に停電時ではファンヒーターは使用できず、宝も持ち腐れ、あっても停電では如何ともしがたい。
 勿論ガスヒーターも同じ事、ガスが使えないため、目の前にあっても無用の長物、ガス、電気が普及しなければ使用できず、便利なものでありながら用を足さないのだ。
 夏ならばまだ暖を取らなくても済むが、冬ともなれば大変な事、寒くても使えない電気製品とガス製品、現代生活では必需品のものだが電機が無ければ動かない。
 そんな状態を経験した人たちからは、イザと言う時には昔ながらの石油が威力を発揮、暖を取るのはもちろんの事、煮炊きも出来る優れもの。
 改めて石油ストーブの力を思い知らされたと言う、実際に経験された方々はその実力を再認識したと言われ、非常に役に立つと。

 勿論、石油が無ければ使用できないが、電気やガスよりは普及は早い、他から持ち込めば良いからだが、電気やガスよりも早く普及できる。
 そんな事で今ではホームセンターでも従来型の石油ストーブが見直され、店頭に顔を出しており、買い込む人も多いと聞く。
 一時は消滅してしまうものなのかと思われた石油ストーブ、今再認識されて市場に戻って来たよう、我が家でも石油ストーブを買い込んだ事は言うまでもない。
 ファンヒーターはあっても、やっぱり昔ながらのストーブは欠かせない、確かに匂いや、面倒な事もあるがイザと言う時に役に立つのだから、一台は持っていたいものだ。
 シンプルが良いと言われてはいるが、近代的なものは弱点も多く、水害や地震、災害時には役に立つものが強み、それを忘れてはならない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月15日

お気に入りの宿

   湯治場の雰囲気
SANY1340.JPG

 天下の名泉下呂温泉、古くから栄えた温泉地、川沿いに数多くの旅館がひしめき合い、大きく人で賑わいを見せている。
 その情緒の良さも相まって人気の高い温泉地、私も近い事もあり何度となく訪れている温泉地でもある。
 川沿いの風情も良いのだが、私のお気に入りの宿湯之島館は高台にあり、下呂の街を一望できるところに。
 高い処にある事から静かさは一品とも言うべき、木立の中にヒッソリと佇む風情は別格と言える。
 ここは建物も良い風情、今では少なくなってしまった木造三階建ての建物、数寄屋造りの古いもの。
 昭和初期の建物と言うが、趣があり木立の中に静かに佇んでいる姿が何とも言えず、如何にも温泉宿と思われる。

 私のお気に入りは、その建物の角部屋、三階建ての二SANY1318.JPG階か三階の角部屋、其処が最高の部屋である。
 この部屋が好きで、ここに泊まる時は必ず角部屋に泊まる事に、この場所に来ると下呂に来たと感じる。
 友人に言わせると「何で古めかしい部屋をとるのか、いい部屋は幾らでもあるだろう」と言うが、私はここが好きだ。
 新しくて良い部屋はあるが、風情と景色、それは別格ものと感じているからだが、それも人それぞれでもある。
 窓から見える景色は最高、眺め良さは天下一品、これだけの景色はそうざらには無いもの、歴史の賜であるともう。
 館内は昭和レトロ、館内は広くて初めての人は必ず迷う、常連でも時々迷うから、広さも他とは違う。
 露天風呂からの眺めはここ一番のもの、眼下に町が望め、夜ともなると灯りが情緒を一段と押し上げるのだ。
 以前からのヘルニアの治療のため訪れていたが、今回もそれが目的でここに来たが、やっぱり効き目は絶大、怪我の治療は下呂温泉と昔から言われている如く、これにも良い結果を齎し、ここに浸かって腰を温めれば和らぐのも効能のおかげだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

その価値

   流行があり

 古時計ほど値段が難しいものはないと思う、欲しい人には高くてSANY0293.JPGも仕方がないと思っているが、欲しくないと思えば値段は安くても要らない。
 安いと言うよりは要らないのだから値段ではないが、逆に欲しいと思えば少々高くても仕方がないと思う、それも本人次第である。
 私も良く経験した事だが、どおしても欲しいと思えば高くても買いたい、それが簡単に手に入らない代物であった場合は尚更の事、高くても欲しいと思ってしまう、それも仕方がない事。
 しかしこれは私の判断、他の人が同じとは思わないが、それに匹敵する判断をする人も居るには居るから、やはり値段は何とも言えない。
 勿論、相場と言うものが存在し、現に今ではネットが相場を作っているのは確か、一時の事を思えば確かに安く、珍しい時計も安く手には入るが、数少ない珍品となるとその範囲では収まらない。
 需要と供給のバランスの上に成り立っているから、需要が勝れば値段は高くなってしまい、自分以外一人でも存在すれば当然競り合う事になる。
SANY4595.JPG

 ネットでよく見かけるが、競い合い中々双方とも譲らず、値段がだんだん高くなり、はるかに相場を追い越して、とんでもない値段になる事もある。
 常識的範囲であれば良いのだが、両方とも熱くなると境が切れ、共に張り合う事になってしまい、結果はべらぼうな値段で落札される事もある。
 しかし大抵の場合は、そこそこの値段で折り合いが付き、相場の範囲で落札され、それでも今は以前の値段よりは遥かに安く、以前流行りの頃買い込んだ人にとっては安くてガッカリする事にもなる。
 これも又仕方がない事、その時はそれが相場であったのだから、高く買い込んでしまったと思っても相場は相場である事には違いない。
 つまり古時計も流行があり、人気の古時計は皆が競い合うから、必然的に高くなるもの、これも市場原理が働く事になる。
 いずれにせよ自分が欲しいと思ってしまうと、少しは高くても仕方がないと思って、結果は高く買ってしまう、しかしそれも自分次第である。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記