2019年06月25日

親父のランプ

      思い出のランプ

 かたみ.jpg昔の記憶は中々忘れないもの、私が高校生の頃我が家の床の間にランプが置いてあったが、何故ランプがあるのか考えもしなかったし、其処に何時からあったのか分からなかった。
 別に大したランプでもないが、明治時代に一般の家庭で用いられていたランプ、こんなランプを何故父親が大事にしていたのか分からなかったが、お袋は聞いても笑っていただけ。
 しかし、床の間にはランプが鎮座していたし、それ以後もずっと其処にあったが、私が結婚して家を出てから数年後、ランプの姿を見なくなってしまった事に気が付いた。
 お袋に、其れと無しに聞いて見たら、邪魔に成ったからかたずけて仕舞ったとの事、其れ以来このランプを見なかったが、お袋が亡くなってから荷物の整理をしていた時、押入れの中からそのランプを見つけた。
 以前には何故こんなランプを父親が買い込んだのか不思議で成らなかったが、時が経って自分も色々なランプを見、それなりにランプも知ってから、父親がこのランプを買った意味が分かったような気がして来た。

 若い頃は、何の変哲もない安いランプを、大の骨董好きな父親が買ったのか、理解が出来なかったのだが、今になってこのランプを見ていると父親が何故このランプを買い込んだのか理解できる。
 私も、今までに数多くのランプに接してきたり、派手で高級なランプを幾つも見たり、さすがに高級なランプは良く、欲しいとも思ったが手に入れて見ると高級なランプは段々飽きてくる。
 不思議な事であるが、あれだけ欲しいと思って手に入れたのだが、直ぐに飽きてしまい手放す結果になったが不思議、それは高級なランプは美しいが、見ていて初めは良いが段々に見慣れるとドギツクなって来て落着かないのだ。
 やっぱりシンプルなランプの方が飽きが来なくて落着いて見られ、不思議に親近感が沸いてくるのは何故、それは庶民が使い揉んだ物であり、飾りとしていた物でないからだ。
 生活に密着した道具であったから、よく使い込まれ身近なランプであったものであるからこそ、親しみが湧くのではないだろうか。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月24日

骨董市場

    意外なものまで

DSCN1449.JPG 骨董市場、競り場とも言う何でもありの市場、兎に角色々な物が集まって来るところ、古い物から新しい物まで。
 全国から集まって来ると言うが、まさに壮観な場所である事に違いなく、何でもありの世界であるのだ。
 こんなものが売れるのかと思うものも、仏壇から位牌まで多種多様なものが集まる所、そんな中、婚約指輪もちゃんと売りに出されているのだ。
 ゆりかごから墓場までと、何処かのキャッチ文句を自で言っていると思われる位に多種多様、やっぱりすごい。
 業者も当然専門の分野に分かれているから、色々な物があって当たり前の世界、それでなければ市場は務まらないのだと言う。
 どの専門分野の業者が来ても売買できるのが骨董市場、我々の想像をはるかに超えている世界、素人がこの市場に出入りは出来なく、鑑札を持っている人だけが出入りでき、売買をする事が出来るのだ。DSCN0897.JPG
 許可さえあれば見学は出来るが、知り合いがいないと難しいかも知れない、当然の事だが市場価格と違うから。
 ここに出されている物は、各方面から仕入れて来たもの、当然値段は付いていない、この市場で値段が決まるからだ。
 市場で販売されている値段は、ここで幾らで仕入れられるかによって決まるのだが、それは業者の秘密でもある。
 骨董品は値段があってない様なもの、目利きと呼ばれる人たちにより、そこで値段が決まるもので、意外なものが高くなる事も。
 私も良く見学に訪れるが、そのやり取りは真剣勝負、業者にとっては生活がかかっており、ここでの買い付けが左右する事になるからだ。

 当然自分の目を信じて買い付けるのだが、其処は一人ではない為にセリが、同業他者が前にはだかるのだから、値段も思うようにはならない。
SANY0325.JPG 自分が欲しいと思えば他の業者も欲しい、その為にはセリに勝たなければならないから、しかし相手がある事。
 相手と競り合えば当然の事値段は跳ね上がり、果たして自分の目は正しかったのかと、疑心暗鬼になると思う。
 目的のものを落札したとしても、安い値段で落札できれば良いが、何時も良い方向に進むとは限らず、時には思わぬ高値になる事もある。
 しかしセリ場は我々が思っている以上に戦場であり、一歩間違えば大損になる事も、いわゆる賭けでもあるのだと思う。
 自分の目が確かと買い込んだが、偽物である事に、そんな時は大損する事になるからだが、買わなければ他人の手に渡ることになる。
 ミスミス儲けを逃してしまう事になり、やはり参加しなければ権利は無く、商売とは何時も綱渡りであると言う。
 だからこそセリ場は素人の入場は禁止、当然の事だと思うが、我々の目では、こんなものが何で高値で取引されるものなのかと思うものが、高額で競り落とされているのだが。
 それこそ玄人の商売人の世界、一般人ではその価値を知らないので、とても驚く世界である事だけは確か、目の保養にもなるのだ。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月23日

ハローキティー

   人気者です

 SANY0301.JPG日本が生んだキラクターの中でも、一番人気があるのはハローキティー、今や世界的な人気者となって、大人から子供まで愛され続けているようだ。
 このキティー、誕生は1974年11月1日、サンレオがスヌーピーの対抗馬として、新しいキラクターを考え出して、デザイナー清水侑子に依頼。
 ホワイト キティーが誕生するが、当初は座ったままの姿で登場、いちやく人気者となり子供たちに受け入れられ、次第にブームを巻き起こす。
 しかし、その後少しかげりが見え出しキティーブームも下降線をたどるが、3代目のデザイナー山口裕子によりよみがえり、その後現在まで人気者を維持したいる。
 今や世界的なキャラクターとなり、各地で人気者となり現在も盛に新しいキティーが生まれ、熱狂的な支持者に愛されているが、当初は子供向けであったが、現在は大人も支持者が多い。
SANY2824.JPG
 このキャラクターをデザインした腕時計が、1980年にデジタルとして登場、発売金額3900円であったが、大人気となり100万個も売り上げる快挙となった。
 そのブームを当て込んだ海賊版が海外で盛んに作られるようになり、日本どころか海外でも人気になり、海賊版が多く製造されるにいたり、サンリオが頭を抱える事に。
 写真の腕時計、ハローキティーの海賊版の時計、日本で腕時計が爆発的な売れ行きとなり、それを当て込んで香港で大量に海賊版が製造たれた。
 その海賊版の時計が写真の物、良く見ると何処となくキティーもぎこちなく、本物よりもダサイ造り、この時計はネジ巻き式の物。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月22日

展示の目玉

   今年話題

SANY0306.JPG 時の記念日にちなんだ時計展、今年で13回になるが見学者が多く訪問、ありがたい事だと思っているが遠方より来られる人にも恐縮している。
 毎年ごとに展示物は別のものと交換しいてるが、主要なものは毎年同じもの、展示には避けられない時計も多く、見た目には変わりばえしないと言う人もいる位。
 確かに同じものも多く展示はしてあるが、時計史の上で歴史的価値の高いものは毎年展示しているので、その印象が強いかも知れない。
 そんな事で今年も始まった時の記念日展、もう終盤を迎えている中、毎年展示を見に来ている常連さんが訪問、「今年の目玉はどれですか」との質問。
 勿論会員のメンバー、遠方より何時も見学に訪れてくれ、色々な意見をきたんなく述べてくれるのがうれしくて話が弾む。
 今年の目玉は和時計と即位記念の時計、和時計は会員さんの持ち物の中でも非常に豪華な台付きのもの、総紫檀製の透かし彫りが施された一品、機械も良いのであるが台が見せ場、透かし彫りの見事さは群を抜いているものだ。
 流石に常連さんもこの台には見とれ、隅から隅まで見て「やっぱり素晴らしいものだ」とため息、今までに見た事が無い台だと言う。

 そしてもう一つが即位記念の時計、平成から令和になっSANY9226.JPGた初めての年、それに向けて展示の目玉が大正天皇即位記念の時計、大正3年に製造されてもので天皇家の三種の神器を象った奇抜なデザインの時計がそれ。
 時計の上から八咫鏡を象った文字盤脇、そしてその周りには勾玉を幾つも配置したもの、振り子室の横には草薙剣が彫り込まれた一品。
 見学者もこの時計を最初は見ても気付かず、こちらが「何処か違うと思いませんか」と尋ねると、けげんな顔で「分かりません」と答えられる。
 この時計は大正天皇即位記念の時計で、三種の神器がデザインされているものですと説明すると、何処がそれですかと。
 その度に上から八咫鏡、勾玉、草薙剣、そして振り子室の窓のガラスには金文字で即位式記念と書かれていると説明するのだ。
 そんな時計を何時ものFMラジオ放送放送で取り上げ、今日放送して最後の週に向けて再度アピール見学者が増える事を願ったもの。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月21日

またまた

   見つけて来た

SANY9065.JPG 何時も色々なものを探し出してくる我が家の孫、私が何処に仕舞い込んだか忘れているものを見つけて来る。
 自分では何処にしまったか記憶にないものを見つけて来るから不思議、しかし只私が忘れているだけの事か。
 そんなものを何処となく探してくるから面白く、こちらがそんな所にあったのかとビックリする事もある。
 何処に仕舞い込んだか忘れてしまい、それ自体あった事すら忘れて失われていたもの、それが見つかればうれしい。
 最近は特に物忘れがひどくなったような、つい先ほどまで手元に持っていたものまでも何処に置いたか忘れる。
 歳をとると言う事はそんなもの、誰しも経験する事と思うが、情けない気もする自分でも、さてさて記憶とは歳をとると段々と薄れるものと言う、これからもモット進むと思うが、それも仕方がない事。
 そんなおりに孫が又忘れていてものを見つけて私のもとに持って来て、「これは何だ」と言うのだが私の物でないと答えた。SANY9066.JPG

 実は見て妻のものと間違えてしまい、自分の物ではないとつい口から出てしまい、孫に告げてしまった。
 パッと見にはリップスティックと勘違いして、自分の物ではないと思ってしまったが、孫がそのキャップ外して不思議そうな顔をしている。
 その様子が気になりもう一度手に取ってみると、昔偶然見つけたライターであることを思い出した。
 長い事しまってあったのでつい忘れてしまい、孫には知らないと答えたが紛れもないあのライターであった。
 珍しい変わった色の漆塗りのライター、一見するとリップスティックのような形のもの、それも綺麗な色のものだ。
 漆塗りで細くて、小さいライターであり、ポケットに入れても嵩にならず使い勝手が良かったもの、気に入って購入し使っていたが、その後何処に行けたか忘れてしまい現在まで行方知らずであったもの。
 探してくれ孫には感謝しなければならず、忘れないように目の前の入れ物に入れたが、果たして忘れないのか不安でもある。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記