2019年11月13日

新しい招き猫

    招き猫でも

DSCN0136.JPG
 招き猫は古くから造られているが、色々な種類のものが製造され、色々なものが好まれているもの、これも好き好きである。
 勿論素焼きの玩具的なものから、豪華な磁器で造られて招き猫まで、数々ものが製造されて市場に送り込まれた。
 商売繁盛を願って人々は買い求め、御利益を願って店頭に飾り、店の守り神的な扱いをしている事が多いのだ。
 縁起物の招き猫は、有り難い商売の守り神、その姿が可愛らしいので尚更愛される様に、これも猫であるからと思う。
 この招き猫、時代によってその姿を変えて来たもので、時代、時代に違いを見せて来たから、そこも見どころの一つ、招き猫を愛する人々はそれぞれに支持する招き猫が存在し、やはり一番人気は磁器で製造された招き猫である。

 磁器で製造された招き猫は瀬戸と伊万里、そして九谷、この三つが産地、勿論他にも製造されているが、製造数は少く大手の製造産地は瀬戸と伊万里、よく言われるのは瀬戸と伊万里の違い、何処がどの様に違うのか、ハッキリしないと。DSCN0145.JPG
 確かに素人目には瀬戸と伊万里の区別はしがたいもので、同じものでしか見えないらしいが、専門家は直ぐに判別する。
 それは生地が違う事、瀬戸と伊万里の生地が違い、一見して違いを判別するが、やはり素人には難しいものだ、そんな招き猫であるが、新しく製造された招き猫は、判別は古い物よりも難しくはなく、図柄の違いや、色目が違う事にある。
 細部的にみれば明らかな違いもあり、これも招き猫愛好家の一つの課題でもあると思うが、現代の招き猫も色々、新しい招き猫はもちろん顔が違う、現代の猫は目はパッチリとして、丸顔のスタイルが特徴、可愛らしい顔つきをして、あるものは目にガラス玉が嵌め込まれているものもあり、キラキラした目が特徴の招き猫も出現している。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月12日

ステンドガラス

    色々な物が

 最近またステンドガラスが人気になっているようであるが、以前みたいに古いスかいだん.jpgテンドガラスしか売れなかったのが、今は違うみたい。
 ステンドガラスと云えば古いのに決まっていたが、ティファニーのような少し時代の新しい物が好まれたかと思えば。
 近頃は近代的なものも流行っているらしく、新しく作ったステンドガラスも人気があるようである。
 人それぞれであるから何とも言えないが、時代の古いもので日本の家屋に合うステンドガラスは中々見つけ難い。
 余り派手な物は毎日見ていると、段々にくどくて嫌になりるのだが、だからと言って余りシンプルなものも良くない。
 このソコソコの良いステンドガラスを探すのが1番難しく、あちらこちらを探して周り遂には諦めてしまう人も居る。
 私の知り合いの喫茶店のマスター、大のアンティーク好きであり、当然ステンドガラスも好きであったが、欲しい物を探し回った挙句、結局ステンドガラスを買うことが出来なかった。

 自分の好きな物が見つからなくて諦めたらしく、ステンドガラスを嵌める場所には透明のガラスが嵌っていた。
 暫くしてから、その透明なガラスの場所にステンドガラスが嵌っていたのにはビックリ、マスターいわく、「どうだ良いステンドガラスだろう」と自慢げ。
 しかし何だか雰囲気が違うようで、良く見るとステンドガラスではなくシールらしき物が貼ってあるみたいである。
 マスターに聞けば、探し回ったが好きなものは無く、ホームセンターでこのシールを見つけて其処に貼ったのだと、雰囲気は透明のガラスよりよっぽど良いと。
 そして、マスターは「シールを切るときは真っ直ぐ切らずに、ギザギザの線上に切るのがコツである」と、そうすればよりリアルに見えて、ステンドらしくなるとの事である。
 安くて便利、探し回らなくても、簡単に手に入るシールで我慢した方が、失敗が無く又料金も安くて、工事をする手間も無く安上がりであり、雰囲気だけは楽しめると言うのだ、これも新しい楽しみ方か。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク

2019年11月11日

ピーターラビット

    らしくない

 SANY1767.JPGピーターラビット、1902年にビアトリクス、ポターの児童書に出てくるウサギの名前、物語の中に出てくるウサギ(ネザーランドワフ)と言うウサギの種類だそう。
 この物語は、森に住むウサギを主人公に擬人化されたウサギの物語、青色のコートを着たウサギが様々な物語を展開する、家族的な物語である。
 日本では1980年に、キューピー、マヨネーズがコマーシャルに使い、一役人気者になり、次々とスポンサーが現れて、ピーターラビットを採用したおかげで、一気に日本でも人気者となる。
 現在でも、絵本は絶大な支持を受け、児童書として人気の高い絵本、当初のラビットよりも少し現代的な姿になっているが、昔はもっと動物的なウサギの姿であった。
 独特な青色のコートを着て、可愛らしい顔が又人気の秘密でもあるようで、キャラクターとしても色々な物に使われており、世界的な人気者でもある。
SANY1769.JPG
 そのピーターラビットをモデルとして造られた時計、独特の青色のコートを着ているもの、顔はウサギらしからぬもので、ネズミの様な顔をして、耳は短く、ウサギには見えない姿をしている。
 この置時計、イギリスの置時計であり、ピーターラビットの海賊版、現在では販売されていない、発売当時も余り日本には入ってこず、海外で販売されたようだ。
 全体の姿は余りにてなくて雑、顔もネズミに近いような顔をして、衣装も如何にも中国と言った感じ、この手の時計は目が左右に動く、カラクリ使用となっている。
 しかし、造りがやっぱり雑で、左右に動く目が正面からでは動いているようには見えず、折角のカラクリも台無し、動いているのか正面からでは見難い物となっている。
 イギリス製の時計で姿を似せて造られているので、本物のピーターラビットには余り似ていない顔立ち、衣装も独特の色ずかいで、本物とに違和感がある時計となっている。 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

地豆

   茹でない
SANY1367.JPG
 友人が送ってくれた地豆、つまり落花生、友人は茹でて食べろと言っていたが、茹でるまでの下処理が大変であった。
 自分では生の落花生を見た事はなく、食べれる状態ものしか見ていなくて、それを自分で茹でて食べろと言われても、「はいそうですか」とは行かない。
 砂が一杯付いているものなので洗わないといけないが、土が簡単に落ちないので何回も洗い、それをまた日に干さないといけない。
 簡単に行くと思っていたのに結果は大変、洗って、干して、皮をむいて、それから火で炒らなければ食べれないのだ。
 友人は茹でて食べればと言うが、落花生の柔らかいものは好きでないので、やはり炒らないとな食べたくないのだ。
 茹でて食べればと言っていた友人、彼も実は火で炒ったものが好きらしく、人には茹でて食べろと、彼曰く、この種類は茹でて食べた方が旨いらしい。

 だから私には茹でて食べろと言ったSANY1372.JPGらしく、それがこの落花生の食べ方、しかし落花生の柔らかいものは感触が良くない。
 口に入れてカリット砕けないと落花生ではないと思っているから、茹でたものはグニャト歯ざわり、これがダメなので火で炒らないと。
 本来は茹でた方が良いらしいが、好きな食べ方で食べた方が旨いと思う、そんな事で今回は炒ることに、フライパンで落花生をジックリと炒る事にした。
 皮をむくのも大変であったが、炒る事もそんなに楽な事ではなく、フライパンでじっくりと炒る、しかしこれがまた大変な作業、やっぱり食べ物は時間がかかり、簡単に食べれはしない事を改めて感じたもの、楽して食べれないと肝に命じた。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月09日

やっと秋

   今年は遅い

 四季がハッキリしている国日本、春、夏、秋、冬と四季SANY1389.JPGがキッチリと訪れ、寒暖の差が確実に分かれている。
 世界でも珍しい四季が分かれている国、そんな国であったが最近は少し変化が出て来て、寒暖差が少なくなった様、温暖化の影響か。
 夏は暑くて長くなっており、春と秋が短くなった様、確実に変化をきたしている証拠、今までにないはやさで温暖化が進んでいる。
 今年の台風は過去にない位大きくなっており、勢力も想像以上の強さ、風力に至っては70メートルと言う異常な強さ。
 過去の台風の勢力より遥かに強く、風と共に雨も又異常に強く、記録的なふり方をしているが、これも今までにない。
 そんな無いないずくし、過去に経験したことのない事ばかり、令和に入って災害続き、何でこんな風になってしまったのか。
 これも温暖化のせい、地球がおかしくなった証拠、まだまだ続くようで世界的に気候変SANY1383.JPG動が起きている事は確かなようだ。

 我が家の小さな庭に菊を植えているが、今年は夏の暑さで瀕死の状態、ダメかと思っていたが雑草の如く生き返ったようで、何時もなら綺麗な花を咲かせている筈が、今年はやっと咲いた。
 仏壇に供えるために植えた菊、観賞用の菊ならばもっと良い菊を植えるのだが、日持ちがして、尚且つ丈夫で長持ちのする菊を植えた。
 去年まではそれに答えて早くから咲いていたのだが、今年はやっと咲き始め、夏が暑かったせいで菊も弱っていたのだと思う。
 それにしても今年の気候はおかしいと思え、この菊これから例年のように咲いてくれるものなのか、心配でもある。
 何時もなら仏壇の花に困らなかったから、それが今年は心配、必要な時に咲いていてくれるものなのか、先が思いやられる。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記